韓国食薬処、アシアナの機内食製造会社3カ所を特別点検

韓国食薬処、アシアナの機内食製造会社3カ所を特別点検

2018年07月11日11時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「プルコギ定食」だが、肉と米飯だけが入ったアシアナ航空の機内食。(写真=アシアナ航空匿名チャットルーム)
  韓国の食品医薬品安全処(食薬処)が最近、アシアナ航空の機内食供給支障問題と関連、アシアナ航空の機内食供給製造会社3カ所を対象に特別点検を実施したと11日、明らかにした。

  食薬処は飲食品検食官を投入し、4日からシャープDO&COコリア、ケイタリングサービスパートナー、イドゥンフード営農組合法人の3カ所の食品安全管理状況を点検している。

  検食官は午前4時から午後11時まで製造現場に常駐し、食品安全管理状況を点検している。検食官は原材料の入庫から機内食の配送まで検収・検食▼機内食の保管・配送時の適正温度管理▼作業場の衛生管理▼作業者の個人衛生管理--などを点検していると明らかにした。

  検食官は2人1組で投入され、食薬処の職員1人、管轄地方自治体の職員1人で構成されている。一日2交代で機内食製造現場を点検している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事