【コラム】5年ごと政治に振り回される韓国宇宙科学

【コラム】5年ごと政治に振り回される韓国宇宙科学

2018年01月31日07時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  宇宙探査は世界どこでも政治的決定の産物だ。莫大な予算がかかるためだ。1957年10月、ソ連が人類初の人工衛星スプートニク1号を打ち上げた。第2次世界大戦以降、ソ連と軍事ロケット開発など「冷戦」競争をしてきた米国は、いつ核弾頭を搭載したミサイルが飛んでくるか分からないという恐怖に包まれた。戦争の英雄だった共和党所属のアイゼンハワー大統領はプライドが傷つくだけ傷ついた。58年7月、アイゼンハワー大統領は米航空宇宙局(NASA)を新設した。

  60年11月の大統領選挙でケネディ候補が勝利し、政権は民主党に交代した。ケネディ大統領はさらに拍車を加えた。ケネディ大統領は61年5月の議会演説で「60年代が過ぎる前に人間が月に着陸し、無事に地球に帰還する計画を成功させる」と公言した。「アポロ計画」の開始だった。巨額の予算と短期間の日程に非難世論が出てきたが、ケネディ大統領に動揺はなかった。67年1月、アポロ1号の火災で宇宙飛行士3人が命を失ったが、アポロシリーズは一歩ずつ月に近づいた。

  その間、政権は共和党に移った。ケネディ大統領が植えた夢は共和党所属のニクソン大統領時代に実を結んだ。69年7月、アポロ11号が月着陸に成功した。アポロ計画は75年の共和党フォード大統領の時まで続いた。今日、米国が宇宙強国になり、最高の科学技術を誇る国になった背景だ。始まりは政治だったが、米国の科学は政治を越えた。

  目を韓半島(朝鮮半島)に向けてみよう。2007年11月、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権下の科学技術部は2020年に月軌道探査船1号を、2025年に月着陸船を搭載した探査船2号を打ち上げるという内容の宇宙開発計画を発表した。2016年までに3兆6000億ウォンを投入するという予算計画も立てた。

  しかし政権が交代すると、李明博(イ・ミョンバク)政権は「盧大統領の月探査」に関心がなかった。その後の朴槿恵(パク・クネ)大統領は突然「2020年に月に太極旗(韓国の国旗)を立てる」と宣言した。当初の計画を5年も操り上げたのだ。突然短くなった日程に大田(テジョン)の宇宙科学者らは驚いた。

  また政権が交代した2017年。文在寅(ムン・ジェイン)政権は月探査計画を「前政権の科学積弊」と主張した。与党所属の朴洪根(パク・ホングン)議員は「月探査2段階(着陸)推進について原点から見直すべき」と声を高めた。そのためか。来月5日に決定される「宇宙開発計画」によると、月着陸は事実上あきらめる手続きを踏むとみられる。月着陸は「関連技術が確保される」という条件のもと、2030年までにするという。当初の計画より5年、前政権より10年遅れた計画だ。この国の宇宙科学は5年ごとに政治に振り回される。

  チェ・ジュンホ/産業部次長
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事