慰安婦支援団体「日本政府が故人の死を哀悼する記事にも難癖」

慰安婦支援団体「日本政府が故人の死を哀悼する記事にも難癖」

2019年02月11日14時23分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2014年4月15日、京畿道城南市(キョンギド・ソンナムシ)庁広場で開かれた平和の少女像除幕式で、慰安婦被害者の金福童さんが献花後に少女像に触れている。この少女像は韓国内に設置された4体目の作品だ。(写真=中央フォト)
  日本政府の「数多くの機会において元慰安婦に対する誠実な謝罪と悔恨の念を伝えてきた」という発言に、韓国の市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(以下、正義記憶連帯)と奨学財団「金福童(キム・ボクドン)の希望」側が共同糾弾声明書を発表した。

  正義記憶連帯と金福童の希望は今月10日に共同声明を出して「故人の死を哀悼する記事にまで難癖をつける日本政府は道義にも外れ国際的な常識にも反する反人権的行為を中断せよ」とし「日本軍性奴隷犯罪を認めて法的責任を履行せよ」と要求した。

  9日、産経新聞によると、1月30日に米国ニューヨーク・タイムズが報じた「金福童おばあさんの訃告」記事に対し、日本政府は「数多くの機会において元慰安婦に対する誠実な謝罪と悔恨の念を伝えてきた」という外務省報道官名義の反論文を寄稿した。

  これに対して正義記憶連帯は「謝罪を受けた被害者はいないのに誠実に謝罪したと言って故人を攻撃している」とし「法的な責任を認めることすらしないのなら、補償が韓日協定で解決したという矛盾した認識を自ら暴露するもの」と指摘した。続いて「日本政府がするべきことは金福童おばあさんをはじめ、すでに故人となった被害者に心から犯罪事実を認めて公式謝罪すること」と強調した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事