LGD・SKハイニックスが中国に大型投資…毒になるか妙手になるか

LGD・SKハイニックスが中国に大型投資…毒になるか妙手になるか

2018年07月11日11時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  LGディスプレーとSKハイニックスの中国投資プロジェクトが第一歩を踏み出す。特にLGディスプレーは1年間引っ張ってきた5兆ウォンの投資だ。ただ両社のこうした投資戦略が中国と組んで中国市場を先取りする妙手になるのか、技術流出の毒になるか市場の見方は食い違う。

  LGディスプレーは10日、中国政府から広州有機EL合弁法人に対する承認を受けたと明らかにした。同社が広州有機EL投資計画を発表してから1年ぶりだ。

  広州有機EL法人はLGディスプレーと広州開発区がそれぞれ70対30の割合で合弁投資する形態だ。資本金2兆6000億ウォンを含め総額5兆ウォンが投資される。これまで敷地造成後の骨組工事が進行中だったが、今回の承認でスピードがつくことになった。来年下半期からの稼動が目標だ。この工場では第8.5世代(2200×2500ミリメートル)パネルをマザーガラス投入基準で毎月6万枚を生産する予定だ。広州工場は今後月9万枚まで生産量を拡大する方針だ。

  これに伴いLGディスプレーは大型有機ELパネル需要に積極的に対応できると予想される。急速な業績悪化に苦しめられた状況から今後若干息をつけることになった。世界で生産されるディスプレーの50%を中国が買っている。LGディスプレーの韓相範(ハン・サンボム)副会長が「最大限日程を短縮し顧客に製品を適時に供給したい」と明らかにした理由だ。

  だがLGディスプレーは今回中国政府の承認を受けるまで2回の高い峠を越えなければならなかった。この会社が初めて中国・広州工場設立を発表したのは昨年7月末だった。まず技術・雇用流出議論が起きた。産業通商資源部の白雲揆(ペク・ウンギュ)長官は「中国より韓国国内の投資を拡大するのはどうか」としてLGディスプレーを圧迫したりもした。

  通常45日かかる投資審議は5カ月かかった。韓国政府は昨年12月26日に条件付きの承認を出した。▽装備・材料の国産化比率は一定水準以上でなければならない▽技術流出に対する保安対策を立てること▽次世代技術は韓国国内に投資しなければならない――という条件だった。

  ところが今回は中国最大のパネルメーカーのBOEが露骨に反対し、中国政府のわき腹を突いた。今年1月から承認を要請していたが数回にわたり差し戻され、結局7カ月かかった。

  この日SKハイニックス子会社のSKハイニックスシステムICは中国江蘇省無錫にファンドリー(委託生産)工場を作ると明らかにした。無錫地方政府の投資会社である無錫産業集団との合弁法人形態で、SKハイニックスシステムICは837億ウォンを投資して株式の50.1%を確保する。投資金は工場設立後半導体製造装備のような有形資産と技術など無形資産を提供した代価で回収する計画だ。

  来年下半期に完工する無錫工場には忠清北道清州(チュンチョンブクド・チョンジュ)にあるM8工場の装備が相次いで移転される。M8工場には現在200ミリウエハー工程が備えられている。200ミリを第1世代、300ミリを第2世代と区分するが、韓国では2009年以降ほとんどが第2世代に転換した。

  中国のシステム半導体市場は急速に成長している。グローバル市場調査機関のIHSによると、中国のファブレス市場は昨年の255億ドルから2021年には686億ドルに拡大する。半導体業界関係者は「韓国国内では発注する業者がないためファブレスが発達した中国で収益性を高めるという戦略」と話した。

  技術流出議論は相変わらずだ。中国のディスプレー・半導体業界は最近サムスン・LG出身の核心人材を引き抜き技術流出の懸念を拡大している。最新工場ではこうした懸念がさらに高まりそうだ。建国(コングク)大学経営学科のイ・ジャンヒ教授は「市場がある所に工場を作る投資は十分に理解するが、こうした懸念には体系的に対処しなければならない」と話している。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事