「韓国、世界で稼いだ金の半分以上が日本に流出」LG経済研

「韓国、世界で稼いだ金の半分以上が日本に流出」LG経済研

2007年01月28日15時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国は過去3年間に世界市場で稼いだ金の半分以上を日本に貢いでいる、という指摘が出てきた。特に、最近のウォン高円安のため対日商品貿易だけでなく、旅行などサービス部門の収支までが赤字を出しており、対日経常収支赤字の固着が懸念されている。

  LG経済研究院は28日、報告書「ウォン高円安が‘日流’を拡散させる」で、「韓国の貿易収支の推移を見ると、韓国がこの3年間、世界市場で記録した貿易黒字の半分以上を対日貿易赤字が打ち消していることが分かった」とし、「その間、韓国が世界市場で稼いだ金の半分以上を日本に貢いでいる格好だ」と明らかにした。

  研究院によると、過去3年間の対日貿易収支赤字は04年244億ドル、05年244億ドル、06年253億ドルだった半面、世界貿易黒字は04年294億ドル、05年232億ドル、06年164億ドルだった。

  研究院は「また、商品貿易だけでなく、旅行などサービス部門までが赤字を出す対日経常収支赤字の固着化が憂慮されている」とし、「世界市場で苦労して稼いだものを、素材・部品・技術など日本からの仕入れのためそのまま出ていく構造から一日も早く抜け出さなければならない」と強調した。

  研究院は、韓国が商品貿易だけでなくサービス部門でも赤字を出している理由に、継続するウォン高円安を挙げた。研究院は「24日のソウル外国為替市場は昨年末に比べて11.78ウォンのウォン高円安となる100円=770.05ウォン」とし「韓国ウォンが日本円に対して30%以上も値上がりしたことで、日本旅行や日本大衆文化商品を楽しんだりする国内人口が増え、05年から対日サービス収支までも赤字に転換した」と分析した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事