“暗号学”女性1号「韓国が唯一使わなかった資源は…」(2)

“暗号学”女性1号「韓国が唯一使わなかった資源は…」(2)

2013年04月03日17時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  --インターネット・スマートフォンバンキングが増え、セキュリティーが重要になっている。 現在のセキュリティー実態はどうか。

  「サイバーセキュリティーは複雑度の戦いだ。 技術がより複雑で緻密な方が勝つようになっている。 最近はインターネットにすべてのパソコンとモバイル機器が連結している。 特定セキュリティー会社の技術がどんなに良くても、システムが不安定になるしかない環境だ。 また携帯電話やタブレットPC、パソコンがiOS・アンドロイド・ウィンドウズなどさまざまな基本ソフトを使用するので、セキュリティー会社が防がなければならない穴は一つや二つではない」

  --どう改善すればよいのか。

  「ネットワークが知能化するほど、セキュリティーは難しくなる。 先月20日のサイバーテロも予想外のことではない。 あるセキュリティー会社の一つの技術だけでセキュリティーをする時代は終わった。 より総合的で有機的なセキュリティーコンサルティングまたはセキュリティー技術の開発が必要な時期だ」

  --女性大統領時代への期待が大きいようだ。

  「就任式で国軍将星が女性大統領に向かって忠誠を誓う場面を見て、強い印象を受けた。 朴大統領に期待をするのは、女性が社会で経験する不便を誰よりもよく理解していると信じているからだ。 韓国がこれまで唯一使用しなかった資源が一つある。 それは女性だ。 その資源を活用するさまざまな政策がたくさん出てくればいい」

  --今後の目標は。

  「セキュリティーが重要視されているこの時期が、私たちにはチャンスであり好況期だ。 今年の売上高は昨年の2倍の40億ウォン(約3億3000万円)と見込んでいる。 06年に進出した日本市場に定着する状況なので、再来年は海外での売上高が国内を上回るとみている」

“暗号学”女性1号「韓国が唯一使わなかった資源は…」(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事