WSJ「トランプ氏、韓米FTA廃棄を取り上げるのは愚かなこと」

WSJ「トランプ氏、韓米FTA廃棄を取り上げるのは愚かなこと」

2017年09月05日16時21分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は4日(現地時間)付社説でトランプ大統領の韓米自由貿易協定(FTA)廃棄脅威は愚かなことだと主張した。

  社説は「トランプ大統領の保護貿易主義が持つ最も大きな問題の一つは彼の地政学的目標と相反するという点」としながら「最も代表的な事例が韓米FTA廃棄脅威」と指摘した。

  また、「米国の対韓国貿易赤字は比較的に小さく、経済的に大きな意味がない」として「米国の一方的な韓米FTA廃棄による経済的損失より政治的損失がはるかに大きいだろう」と強調した。

  これに先立ち、トランプ大統領は韓米FTA再交渉はもちろん、廃棄の可能性まで取り上げてきた。トランプ大統領とホワイトハウスの中心参謀は5日、韓米FTA廃棄案などについて議論する予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事