『師任堂』のソン・スンホン「イ・ヨンエとの初撮影、震えてセリフ間違えた」

『師任堂』のソン・スンホン「イ・ヨンエとの初撮影、震えてセリフ間違えた」

2015年11月30日18時02分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優ソン・スンホン(左)と女優イ・ヨンエ(右)
  俳優ソン・スンホンが女優イ・ヨンエとの初めての出会いに、とても震えたと明らかにした。

  ソン・スンホンは30日、江原道江陵(カンウォンド・カンヌン)のホテルで開かれたSBS(ソウル放送)のドラマ『師任堂(サイムダン)、the Herstory』の記者懇談会で「まさかイ・ヨンエと撮影するとは想像もできなかった」と話した。

  さらに「初めての撮影日は、あまりにも震えてセリフを言い間違えた。とても一生懸命に作っている」とつけ加えた。

  劇中でイ・ヨンエは、韓国美術史を専攻した大学講師と申師任堂の1人2役を演じ、偶然発見した師任堂の日記と謎の美人絵にまつわる秘密をひも解いていく過程で過去と現在を行き来する。

  ソン・スンホンは幼少期に師任堂との運命的な出会いをはじめ一生、彼女だけを心に抱きながら最高に純真な愛を捧げる「朝鮮版ギャツビー」イギョムに変身する。

  『師任堂』は朝鮮時代の師任堂シン氏の人生を再解釈した作品。天才画家だった師任堂の芸術魂と不滅の愛を描く。8月から撮影に入り、完成度のために100%事前制作されて、2016年下半期に放送される。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事