「独島は韓国の領土」 日本出身の教授、韓国名にしない訳

「独島は韓国の領土」 日本出身の教授、韓国名にしない訳

2019年04月08日07時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
保坂祐二教授
  「独島(トクト、日本名・竹島)は韓国の領土」と主張してきた日本出身の韓国人政治学者、保坂祐二・世宗(セジョン)大学校教授が韓国名に変えないでいる理由を明らかにした。保坂教授は1988年から韓国に住む日系韓国人政治学者で、2003年に国籍を韓国に変えた。

  保坂教授は今月6日のKBS(韓国放送公社)のバラエティトーク番組『対話のヒヨル』に出演し、独島問題を研究することになったきっかけとその研究過程を説明した。21年間にわたり独島問題を研究してきた保坂教授は、日本軍「慰安婦」問題にも言及して日本の蛮行の究明にも取り組んでいる。

  保坂教授はこの日の放送で「1995年に日本文化関連の講義中に出会った学生の質問を契機に独島に関心を持つようになった」と話した。「当時、学生が独島は韓国の領土なのか日本の領土なのかを質問したが、答えることができなかった」とし「私は独島研究するために韓国に来たわけではなかった。当時、独島問題に関心もなかった。だが、学生に『勉強して答える』と約束し、その約束を果たすために1998年から本格的に独島問題を研究し始めた。その結果、独島は韓国の領土」と主張した。

  また、保坂教授は日本軍慰安婦問題に対しても日本が反省していない様子に「これでは話にならない(と考えた)。日本は慰安婦強制連行の証拠がないと言うが、必ずあるという考えに研究を始めた」とし、自身が探した数多くの文書の証拠を例にあげながら日本の蛮行を説明した。

  この日、保坂教授は自身が2003年に国籍を韓国に変えたが改名をしなかった理由についても紹介した。

  保坂教授は「改名しようとした」とし「『保坂』が姓だ。それでホ氏にして『ホ・ユジ』に改名しようと申請した。ところが周囲の人々が私を止めた」と話した。続いて「多くの人々が『日本の名前を使いながら独島が韓国の領土であるということを証明しいくほうが効果的ではないか』と話した」とし「このため、引退したらその時に改名しようと考えた」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事