韓経:日本列島を惹きつけた韓流…BTS・Wanna Oneに「熱狂」

韓経:日本列島を惹きつけた韓流…BTS・Wanna Oneに「熱狂」

2018年12月13日09時13分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日本埼玉県埼玉スーパーアリーナで12日「Mnet Asian Music Awards」が開かれた。大賞など4冠になったアイドルグループ防弾少年団(上)が受賞感想を伝えている。(写真=CJ ENM提供)
  日本で「韓流」ブームは依然として熱かった。最近、韓国大法院(最高裁)の日帝強占期徴用被害者賠償判決と防弾少年団の「原爆写真Tシャツ」論争で日本で韓国に対する感情が大きく悪化したが、防弾少年団、TWICE(トゥワイス)、Wanna Oneなど韓国の歌手に対する日本の韓流ファンの歓呼は収まらなかった。

  CJ ENMは12日、埼玉県埼玉スーパーアリーナで「2018Mnet Asian Music Awards(MAMA)」を行った。2万4000人を超える韓流ファンで公演会場が埋め尽くされた。1座席当たり2万2000~2万9000円に達する入場チケットも全席売り切れた。

  寒い中にも行事開始3~4時間前からスーパーアリーナには入場を待つファンたちが列をなしていた。埼玉スーパーアリーナ行き地下鉄の客室も公演を見ようとする若者で一日中込み合っていた。2万人を超える観客の9割以上は日本国内の韓流ブームを率いる10~20代の女性だった。彼女らは好きな歌手が登場するたびに大歓声を上げ、団体で応援するなど熱を帯びた姿を見せた。防弾少年団、Wanna Oneなど日本で人気のあるグループが登場した時は反応がさらに積極的だった。観客のほとんどが公演時間の間、座席に座らずにペンライトを振りながら公演を楽しんだ。

  この日、授賞式にはNU’EST(ニューイースト)W、MAMAMOO、Monsta X、防弾少年団、STRAY KIDS(ストレイキッズ)、IZ*ONE(アイズワン)、Wanna One、TWICEなどK-POPスターが大勢参加した。日本ドラマ『孤独のグルメ』で韓国人に広く知られた松重豊や俳優ヤン・セジョン、チャン・ヒョク、ハ・ソクジン、女優チョン・ソミンなど人気俳優・女優も授賞者として参加した。

  今年で10回を迎えたMAMAは10日、ソウルで授賞式を開いた。日本に続き、14日には香港公演が続く。日本公演は昨年、横浜の時(観客1万5000人)より公演の規模を50%近く拡大した。同時に、世界各国のK-POPファンがソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を通じて「Worldwide Fan’s Choice Top 10」の歌手を選ぶなど、疎通型・開放型公演のイメージも固めた。この日の公演は韓国Mnetとアジア主要地域のチャンネルで同時生中継された。ユーチューブとネイバーTVなどを通して世界200カ国でも公演を見ることができた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事