女優ク・ヘソン、脚本・演出・主演1人3役の映画『Daughter』を企画

女優ク・ヘソン、脚本・演出・主演1人3役の映画『Daughter』を企画

2014年10月30日17時49分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
映画『Daughter』ポスター
  女優ク・ヘソン(30)が映画製作会社を設立した。

  ラジオパーソナリティーのコン・ヒョンジンは10月30日に放送されたSBS(ソウル放送)パワーFM『コン・ヒョンジンのシネタウン』で、「ク・ヘソン監督が映画製作会社『ク・ヘソン・フィルム』をつくったそうだが」と話し始めた。

  ク・ヘソンは「間違いない。ク・ヘソン・フィルムでは前作『桃の木~シャム双子の悲しい物語~』を製作し、今回の映画『Daughter(ドーダー)』(原題)は企画だけした。ところで会社には私しかいない」と明らかにした。

  コン・ヒョンジンが映画の題名である『Daughter』の意味を尋ねると、ク・ヘソンは「本来シナリオをやり取りする時に使っていたファイル名だった。娘の英語表現『daughter』の韓製英語と見てもらえればいいと思う。オートバイをオードバイ、トマトをドマドというような感じで。いつも真っ先に質問を受けるのが『ドーダーとはどういう意味か』というものだった。本来意図していたタイトルではない」と明らかにした。

  一方、同作はク・ヘソンが演出と脚本、主演を1人3役でこなす彼女の長編演出3作目だ。同作は、中学生になった娘と強圧的な体罰と統制の中に娘を閉じ込めようとする母親の葛藤を扱った映画だ。

  これに先立ち同作は、第19回釜山(プサン)国際映画祭の「韓国映画の今日-パノラマ」セクションに公式招待されていた。11月6日公開。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事