イ・ビョンホン、3日間食事も取れず…17日、日本へ

イ・ビョンホン、3日間食事も取れず…17日、日本へ

2009年12月17日12時03分
[ⓒ JES/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  ドラマ「アイリス」の撮影や元恋人クォン某さんとの訴訟で二重苦に陥っているイ・ビョンホンが食事も全然できないまま精神的に苦労している。

  17日、イ・ビョンホンの知人によると、イ・ビョンホンはここ3日間にわたりほとんど食事を取ることができなかった。あいにく芸能界のKさんの暴行事件があった13日夜から3日間続いた夜通しの撮影で疲れきったことに加え、クォンさんの訴訟で心も重く、きちんと食事を取ることができなったという。

  昼と夜が逆転したスケジュールで体調も崩れた。3~4日はきちんと睡眠を取ることもできなかった。イ・ビョンホンは17日未明まで「アイリス」の最終回の撮影に臨んだ。16日の夜通し撮影後、しばらく休息を取ったものの、午後遅く済州道(チェジュド)入りして一部のシーンを撮影した。その後、再び帰京、漢江(ハンガン)大橋で最後の撮影を終えた。

  最終回の撮影が予想より遅く終わり、イ・ビョンホンは17日午前に辛うじて韓流ファンミーティング・イベント「韓流フォーカード~FOUR OF A KIND~」に出席するため日本へ向かった。イ・ビョンホン側は「撮影日程がずれこみ、最後まで出国の時間を決められずとても心配した。たまたまチケットにも問題が生じて苦労した」とした後「イベント出席した後、18日の昼に帰国する計画だ」と伝えた。

  

【ホットクリック】

・ <サッカー>「主審は狂った」外信記者も韓国取材陣慰める
・ 日本、韓国人被爆者に110万円ずつ補償
・ タイで押収された北朝鮮武器16億円相当
・ 海外で愛される韓国車…「クリック」輸出は内需の10倍
・ イ・ビョンホン、3日間食事も取れず…17日、日本へ
・ 金宇中元大宇会長、ドイツ航空相手取りマイレージ返還訴訟へ
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事