【NOW!ソウル】ソウル駅近くに歴史とアートの新スポットが誕生!

【NOW!ソウル】ソウル駅近くに歴史とアートの新スポットが誕生!

2019年07月02日11時27分
[Copyright(c) KONEST]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ソウル駅の北に位置する西小門(ソソムン)。この一帯にまつわる歴史にスポットを当てた、「西小門歴史公園」が6月1日市民に開放されました。
  ソウル駅の北に位置する西小門(ソソムン)。この一帯にまつわる歴史にスポットを当てた、「西小門歴史公園」が6月1日市民に開放されました。

  *続きは左の「写真拡大」をクリック。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • ソウル駅の北に位置する西小門(ソソムン)。この一帯にまつわる歴史にスポットを当てた、「西小門歴史公園」が6月1日市民に開放されました。
  • 公園のある西小門は、朝鮮時代には処刑場であり、特にカトリックの殉教者が非常に多い悲劇の地でした。昨年9月にはアジアで初の「カトリックソウル巡礼道」にも選定されました。
  • この公園の地下には「西小門聖地歴史博物館」がオープン。実際の殉教者の亡骸が安置されているほか、朝鮮後期の思想家に関する資料なども閲覧できます。
  • その他にも見どころはたくさん。1960年代に埋め立てられてしまった蔓草川(マンチュチョン)跡などから垣間見る西正門エリアの発展に関する展示が行われていて、写真やパネルで当時の生活を知ることができます。
  • 常設展示以外にも定期的に内容の変わる特別展示も実施。7月25日までは「韓国近代彫刻の断面」と題して、1950年代から70年代の近現代彫刻80点あまりを鑑賞することができ、芸術が好きな方必見です。