「キムチの乳酸菌、アトピーに効果」

「キムチの乳酸菌、アトピーに効果」

2010年04月09日17時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   アトピー性皮膚炎は子どもにとって特に悩みの種だ。 顔や手足がただれ、赤くなって苦労する。 キムチの乳酸菌にアトピー治療効果があるという事実が初めて明らかになった。

  (株)プロバイオニックと嶺南(ヨンナム)大生命工学部のパク・ヨンハ教授、忠北(チュンブク)大学医科大のハン・ユンス教授の共同研究チームは、キムチ乳酸菌の一種の「ラクトバシラス・サケイ・プロバイオ65」(Lactobacillus sakei Probio-61)がアトピーの症状を好転させる事実を究明し、米国のアトピー疾患学術誌4月号で発表した。

  これは合成アトピー治療剤を天然乳酸菌に代える可能性を開く。 またキムチが健康食品であることを改めて立証する契機になると期待される。

  研究チームはアトピーの児童(2-10歳)約100人に3カ月間、この乳酸菌を摂取させた。 その後、血液内の免疫調節物質の増減を調べ、アトピーの好転程度を把握した。 その結果、アトピーは少しずつ良くなり、血液内の免疫物質が増えた。

  病院で診療を受けたアトピー患者は08年現在113万人にのぼる。 このうち10歳未満が53%、10歳代が19%と、20歳未満が全体の72%を占める。 治療剤はステロイド剤・抗ヒスタミン剤・抗生剤などがあるが、ほとんどが根本的な治療にならない。

  プロバイオニックは上半期中にこれを飲料にして販売する計画だ。 この乳酸菌を商用化するには、菌を高純度で分離した後、大型培養室で量を増やす過程が必要となる。 キムチの乳酸菌は20余種類にのぼる。 一部ではにきびなどに効果があるという研究結果も出ている。

【ホットクリック】

・ 鳩山首相「独島は日本の領土」 初めて公式表明
・ 「中国旅行会社、金剛山観光契約を締結」
・ 「BoA-赤西仁、抱擁していた」女性誌がスクープ
・ 「韓国軍、世界5位に入る立派な軍…力を疑ってはいけない」
・ 李明博大統領独島発言報道訴訟…裁判所「事実ではない」棄却
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事