【時論】「5次元政治」でもやってみてください=韓国(2)

【時論】「5次元政治」でもやってみてください=韓国(2)

2018年07月11日09時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  世界は今までそのような力によって変化し、また全く違う次元へと変化していくなら、政治の5次空間はどうあるべきか。『サピエンス全史』(原題『Sapiens』)の著者ユヴァル・ハラリの言葉通り、想像の秩序に過ぎない法と制度で国民を制御してこそ秩序が保たれるという認識は昔の話になっている。国民をねずみの実験するように、甘味料がいっぱい入った政策では国民の健康を害するだけで歓心を買うことはできない。

  普通、政治家は力だけを考える。正義を標ぼうしているが、自分のことはさておき他人に与えることが正義であるということを全く知らない。力とともに進む「気」の重要性を知らない。力と気がどれも正しくなければならないということだ。物理力を遠回しに言うなら、信じること・開くこと・分けること・尊ぶことが「四気」だ。振動であり響きによって国民に扉を開いて信じさせ、持てるものを分け、大事にして感動させることが5次元政治だ。

  政治家が吐き出す言葉を聞くと、フランス精神分析学者ジャック・ラカンの「記標」と「記意」が何かも分からないようだ。記標は響きだ。話者は相手を響かせなくてはならない。「言葉よりイメージの伝達力が6万倍」という研究を信じるなら、口を閉じてイメージを生かすように努力して、ようやく5次元に進めるかどうかだ。

  人工知能・ナノ・遠隔制御・生命工学によってパラダイムが大きく変わっている。超弦(Super-string)理論で新たな時空次元を知り、人間の存在さえも非有機体に変わっている。2進法は多進法(0,1,1,0)となり、アルゴリズムとブロックチェーン技術が組織の構成と問題解決方式を大きく変えている。

  民主主義の服がすり減るだけすり減っているところに、自分が今どの時空にいるのか分からないから、政党改革するとしながら外科医師を招へいして手術すれば生き返ると勘違いしている。これがこの国の政治水準だ。政治を正しくするには時代変化に自分を合わせなければならない。走り回るのではなく、物理学の本でも何の本でも読書することをすすめる。免疫について書かれたEula Bissの『On Immunity』を読むと自分の中には他者の微生物が多く入り込んでいることが分かる。自分だけを前に出さずに他人を尊重せよとのメッセージだ。

  高次元の超空間は非常に単純だ。複雑な問題の塊りを低次元的の思考で解決しようとしても解決することはできない。すべてのことをあきらめて心を無にして自分を軽くせよ。5次元空間政治をしたければ、僧が夏行するように口を閉じて雑念を取り払い国の心配をやめていっそ隠居せよ。国と国民を助ける道だ。

  キム・グァンウン/ソウル大学行政大学院名誉教授

  ◆外部者執筆のコラムは中央日報の編集方針と異なる場合があります。

【時論】「5次元政治」でもやってみてください=韓国(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事