<平昌五輪>合同チーム初ゴール決めたグリフィン「北選手、日本戦勝利を強く望んだ」(1)

<平昌五輪>合同チーム初ゴール決めたグリフィン「北選手、日本戦勝利を強く望んだ」(1)

2018年02月27日16時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国女子アイスホッケー代表チームの選手が24日午後、江陵オリンピックパークのコリアハウスでポーズを取っている。
  「悲しまないで。私たち、絶対にまた会えるよ」

  26日午前、江陵(カンヌン)オリンピック選手村は涙の海に変わった。女子アイスホッケー南北合同チームの別れの瞬間だ。韓国選手たちは一緒に撮影した写真と手書きの手紙を北朝鮮選手たちに贈った。北朝鮮選手は「平壌(ピョンヤン)冷麺を食べに平壌に必ず来て」と伝えた。今月20日、7~8位決定戦のスウェーデン戦を最後に2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)の日程を終えた南北選手は、25日の閉会式に一緒に参加した後、この日、涙のうちに別れを告げた。「北朝鮮選手たちと別れる時、泣くかもしれない」と言っていたサラ・マリー監督(30・カナダ)は北朝鮮選手たちに手を振りながら、結局、目を赤くした。

  初顔合わせのときですら、韓国選手にとって北朝鮮選手は慣れない異邦人だった。南北選手は互いに警戒し、心の扉を開くことができなかった。リンクの上で体をぶつけ合い、一緒に食事をしながら話し始めるようになった。ロッカールームでおしゃべりをして防弾少年団(BTS)などのK-POPを一緒に聞いて仲良くなった。1カ月間、苦楽を共にしたことで気持ちが通い合い、ようやく1つになれた。

  北朝鮮選手の合流前、韓国女子アイスホッケーチームにはもう一の異邦人グループがいた。ランディ・グリフィン(30)、パク・ユンジョン(26、マリッサ・ブラント)、パク・ウンジョン(29・キャロライン・パク)、イム・ダネル(25・イム・ジンギョン)、イ・ジンギュ(18・グレース・リー)らだ。

  米国人の父親がいるグリフィンにとって、韓国は母親の国だ。グリフィンは2017年、韓国系カナダ人2世のパク・ウンジョンとイム・ダネルは2015年に五輪出場のため特別帰化した。韓国で生まれて4カ月後に米国家庭に養子に出されたパク・ユンジョンは太極マークを付けるために国籍を回復した。米国で生まれたイ・ジンギュは両親ともに韓国人だが二重国籍者だ。

  国内で女子アイスホッケー代表メンバーを見つけることができなかった大韓アイスホッケー協会は無謀な作戦に出た。米国大学の選手名簿を入手した後、名前に「KIM」「PARK」などが入っている選手に「もしかして韓国系ではないか。それなら帰化してプレーする考えはないか」と尋ねる電子メールを送った。

  そのようにしてパク・ウンジョン、キム・ダネル、グリフィンを見出した。パク・ユンジョンはレベッカ・ベーカーGKコーチの推薦でチームに合流し、イ・ジンギュは昨年米国現地の訓練途中でマリー監督の目にとまった。

  グリフィンは「どの選手も新しいチームに適応する時は困難を経験する。北朝鮮選手も合同チームに初めて合流した時、同じだったと思う」と語った。長い選手になると10年以上代表チームに在籍しながら、固く結束した既存のチームメンバーにとって彼女たちは慣れない存在だった。パク・ウンジョンは「初めて代表チームのトライアウト(入団テスト)を受けた時、韓国選手がダネルに対して韓国語で何か話した。ちょっと変な感じがして『あなたたちが話している言葉は全部分かる』と話したら、その後すべてのことはうまくいった」と振り返った。

  合同チームは先月25日、北朝鮮選手団15人(選手12人、監督1人、補助要員2人)が鎮川(ジンチョン)国家代表選手村に入村して初めて顔を合わせた。イム・ダネルは「合同チームが初めて結成されると聞いた時でさえ、すべてのことが不確かだった」とし「不安になったが、北朝鮮選手も五輪出場という同じ目標に向かってプレーしていることを感じ、すぐに仲良くなれた」と回想した。

  五輪期間中、パク・ユンジョンと北朝鮮キム・ウンヒャンが仲良く自分撮り写真を撮影している様子が目撃された。パク・ユンジョンは「韓国代表としてプレーするために韓国に来たが、(自分たちの意志とは関係なく)北朝鮮選手たちが合流するという言葉にためらいがあった」とし「北朝鮮選手はチームにうまく溶け込み、私たちも彼らを大切にした。スポーツを通じて南北が一つになる姿を見せられたことがが私たちにとってはアイスホッケー以上の意味があったと思う」と評価した。

<平昌五輪>合同チーム初ゴール決めたグリフィン「北選手、日本戦勝利を強く望んだ」(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事