日本独自開発のステルス機「X-2」が飛行試験 防衛装備庁への引渡し後初めて

日本独自開発のステルス機「X-2」が飛行試験 防衛装備庁への引渡し後初めて

2016年11月30日16時19分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本が独自開発した先進技術実証機(X-2)が飛行試験を実施したと日本メディアが報じた。

  29日、産経新聞など日本メディアによると、防衛装備庁は同日、X-2の飛行試験を岐阜試験場で実施した。ことし6月にX-2が同庁に正式に引渡されてから初めての飛行試験となる。この日は約1時間の飛行試験を行い、速度センサーなど基本性能を確認した。

  今後、X-2はレーダーに簡単に探知されないステルス性能や急旋回などの運動性を確認する試験を2017年度までに約50回行う予定だ。

  2010年から試作が始まったX-2は、炭素繊維の電波吸収材や形状によってレーダーに映りにくいステルス性能を備えている。開発費は約400億円。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事