鳩山政権、日米核密約の「パンドラの箱」開くか

鳩山政権、日米核密約の「パンドラの箱」開くか

2009年11月23日10時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本の鳩山政権が過去の自民党政権時代に結ばれた核持ち込みの密約を争点化し、日米対立が拡大している。日米間の核密約の存在を調査してきた外務省調査チームがこのほど、内部保管資料の中から密約内容を議論した「討議記録」を発見したと朝日新聞が21日に報じた。

  日米核密約は1960年に両国が安保条約改正当時に日本国内に核を搭載した米艦艇の寄港と航空機の領空通過が事前協議なく可能にするよう秘密裏に合意したという内容だ。この密約にはまた、韓半島有事の際に日本と協議なく韓半島に在日米軍を投入できるという条項も含まれている。日本政府はこれまでこうした密約の存在を否認してきた。

  密約が存在しないという日本政府の主張が虚偽とわかったことで波紋の拡大は避けられそうにない。鳩山政権は総選挙の公約通り、疑惑究明のため来年1月に真相調査結果を発表する予定のためだ。そうなると核問題をめぐる日本国内の国民的議論が熱くなり、日米関係はさらに悪化しかねない。

  核密約は68年に発効した日本の「非核三原則」(持たず、作らず、持ち込ませず)に直接的な影響を及ぼす。この原則を重視する日本としては米国に核密約をなかったものにしようと主張する可能性が大きいためだ。これは戦争抑止力として核兵器を必要とする米国としては受け入れがたい選択だ。この問題は米国の核の傘が必要な日本政府としても原則論ばかりを主張するのも難しく、核密約の存在を否認してきた自民党も国民の指弾を受けることになるなど、与野党すべてに「パンドラの箱」になる見通しだ。

【ホットクリック】

・ 【社説】「援助与える国」韓国、国格も同時に上げよう
・ 東方神起、日本の歌謡祭への出演確定
・ キム・ヨナと競争するGP最終戦出場者確定…浅田は脱落
・ 北朝鮮、対話か対決か…「トウモロコシ1万トン」どう処理するか
・ 【釜山射撃場火災】バックドラフトか、粉じん爆発か…
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事