韓国「中国のTHAAD報復、WTO協定違反の可能性提起した」

韓国「中国のTHAAD報復、WTO協定違反の可能性提起した」

2017年03月21日06時19分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
周亨煥・産業通商資源部長官
  韓国政府が世界貿易機関(WTO)に中国の高高度ミサイル防衛体系(THAAD)報復について正式に問題提起した。

  韓国産業通商資源部の周亨煥(チュ・ヒョンファン)長官は20日、国会産業通商資源委員会の全体会議で「今月17日に開かれたWTOサービス理事会で、THAADに関連して観光・流通分野で取られている中国の措置について、WTO協定違反の可能性を正式に提起した」と明らかにした。

  周長官は「中国政府がWTOに対してTHAADをめぐる報復措置を認めないだろうと思われるが、蓋然性については(韓国)政府が指摘しなければならない」と強調した。

  中国はこれに先立ち、中国内のロッテマート55カ所に対して営業停止措置を下したほか、韓国行きの旅行商品に対して口頭で販売禁止を指示したことが分かっている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事