<サッカー>「主審は狂った」外信記者も韓国取材陣慰める

<サッカー>「主審は狂った」外信記者も韓国取材陣慰める

2009年12月17日10時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  アジア代表の浦項(ポハン)スティーラーズは国際サッカー連盟(FIFA)クラブワールドカップの招かれざる客だった。浦項は16日(韓国時間)、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで行われたエストゥディアンテス(アルゼンチン)との準決勝に1対2で破れ、決勝進出に失敗した。主審の釈然としない判定が勝負を分けた。浦項はゴールキーパーを含め3人が退場処分となった。この日の3ゴールのうち2ゴールはオフサイドの状況で、主審の判定に対する信頼は失墜した。エストゥディアンテスのアレハンドロ・セベージャ監督も「主審の判定がわれわれに有利だった」と認めた。

  試合後の記者会見場はざわめいていた。試合を中立的に見守っていた外信記者らは浦項のセルジオ・ファリス監督に高レベルの質問を投げかけた。「南米代表が道徳的な試合をしたと思うか」「FIFAの陰謀論が作用したと思うか」など、敏感な質問だった。2005年にクラブワールドカップが再スタートして以来、決勝戦の主人公は常に欧州と南米代表クラブだった。興行のためFIFAが今大会でも「見えない手」を動かしたのではないかという雰囲気が広まった。UAEの日刊紙「ナショナル」の記者は「主審が狂った。主審が試合を殺してしまった」と韓国取材陣を慰めるほどだった。

  奇しくも試合を担当したロベルト・ロセッティ主審は前科がある。2006年のイタリアプロサッカー・セリエAは試合捜査をめぐり騒がしかった。イタリアの名門ユベントスのゼネラルマネージャーが審判を買収する電話の内容が公開され、ユベントスは2部リーグに降格された。事件に関係した審判も懲戒を受けた。ロセッティ主審も関係した疑いが濃かったが、処罰は免れた。当時ユベントスのルチアノ・モッジGMは「ロセッティ主審も事件の当事者だ。彼も処罰を受けるべき」と主張していた。

  浦項の選手らの剥奪感は大きかった。デニウソンは「きょうだれが勝つべきなのかわれわれは知っていた」述べた。チェ・ヒョジンは「選手人生で最もあきれた試合だった。3位決定戦が残っているが、3位にもなれないようにされそうだ」と声を高めた。

  大会初めからFIFAは浦項に友好的ではなかった。参加7チームで唯一、郊外のホテルを割り当てられ、トレーニング場との距離も最も遠かった。準々決勝では「ストッキングがとても長いので少し切りたい」という要請は拒否された。しかしエストゥディアンテスが同じ要求をすると問題なく許可した。浦項が準決勝戦のホームチームなのにFIFAはエストゥディアンテスにユニフォームの決定権を与えた。3位決定戦に押し出された浦項はバルセロナ(スペイン)・アトランテ(メキシコ)戦の敗者と19日に試合を行う。

  

【ホットクリック】

・ <サッカー>「主審は狂った」外信記者も韓国取材陣慰める
・ 日本、韓国人被爆者に110万円ずつ補償
・ タイで押収された北朝鮮武器16億円相当
・ 海外で愛される韓国車…「クリック」輸出は内需の10倍
・ イ・ビョンホン、3日間食事も取れず…17日、日本へ
・ 金宇中元大宇会長、ドイツ航空相手取りマイレージ返還訴訟へ
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事