グーグル、スマートフォンのゲーム審議めぐり韓国政府と葛藤(2)

グーグル、スマートフォンのゲーム審議めぐり韓国政府と葛藤(2)

2010年03月11日11時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   マイクロソフト(MS)もウィンドウモバイルOSのスマートフォンの国内利用者のためにオープンマーケット「ウィンドウマーケットプレイス」サービスを昨年11月からサービスしていたが、今年1月に中止した。韓国MSのベク・スハ取締役は「ゲームの事前審議手続きがあり、これを無視してサービスをする場合は法的な問題があった。国内法を尊重するというのがMSの方針だった」と述べた。

  ◇変化に追いつかない制度=文化体育観光部とスマートフォン関連サービス会社、ゲーム開発者は「広がるスマートフォン文化に現行法が追いついていない」と口をそろえた。

  KT経済経営研究所のコ・ユンジョン博士は「アイフォーンの利用者を対象に調べた結果、アップストアのゲームカテゴリーを遮断したが、米国アドレスなどを活用した海外アカウントを作ってゲームサービスを受けるケースが1%ほどあった」と伝えた。40万人の国内アイフォーン使用者のうち約4000人がアップストアのゲームをダウンロードして楽しんでいるということだ。

  グーグルコリアの関係者は「ゲーム委員会が無数にあふれるオープンマーケットのゲームを審議するのは現実的に難しいはず。開発者とサービス会社の自律審議機能を信じる方向に関係規定が変わればいい」と話した。

  現在、国会ではこの問題に関するゲーム産業法改正案が審議されている。文化体育観光部のキム・ジェヒョン課長は「この法案が通過すればオープンマーケットなどに出てくる個人創作ゲームや容量が小さいゲームは審議登録対象から除外される」と述べた。

グーグル、スマートフォンのゲーム審議めぐり韓国政府と葛藤(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事