「金正恩、核の大量生産指示を撤回せず…作業部会は時間稼ぎに活用も」(1)

「金正恩、核の大量生産指示を撤回せず…作業部会は時間稼ぎに活用も」(1)

2018年07月11日09時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米外交安保専門メディア「ザ・ディプロマット」のエディター、アンキット・パンダ氏は、ポンペオ米国務長官の北朝鮮訪問中に米朝がワーキンググループ(作業部会)設置に合意したことに関連し、「北朝鮮がこれを時間稼ぎに活用する可能性がある」と評価した。パンダ氏は学術行事への出席などのため訪韓した7日、中央日報の単独インタビューで「これは今回の訪問で引き出せる最小限(the bare minimum)だった」とし、このように述べた。

  パンダ氏は北朝鮮の核問題など北東アジア地域の外交・安保専門家で、最近、米国立航空宇宙専門センター(NASIC)の資料を単独入手し、北朝鮮が上半期に新しい弾道ミサイル発射台を生産してきたと暴露した。以下はインタビューの内容。

  --ポンペオ長官は北朝鮮訪問でどんな成果を得たのか。

  「シンガポール首脳会談の結果が非常に広範囲で一般的なものだったため、ワーキンググループを始めることにしたのは米朝間の非核化交渉プロセスの次のステップのために非常に重要だ。しかし具体的なロードマップや北朝鮮側の破格的な譲歩のようなものは引き出せなかったようだ。そして北朝鮮はワーキンググループを時間を稼ぐためにうまく利用する達人たち(masters)だ。確実な証拠を見るまではそのように考えるしかない。そしてワーキンググループは今回訪問して引き出せる最小限のものだった。ポンペオ長官が平壌(ピョンヤン)を訪問したが、ワーキンググループも始めないと言えば強い懸念が生じただろう」

  --ポンペオ長官は金正恩(キム・ジョンウン)委員長に会えなかった。

  「当然だと考える。トランプ大統領に会って署名もした状況で、何のために国務長官を相手にするか。予想通りであり、北朝鮮が時間稼ぎをするという追加の信号だと考える」

  --最近、北朝鮮が依然として弾道ミサイルの発射台を生産していると暴露したが。

  「全く驚くことではない。金正恩は『新年の辞』で弾道ミサイルと核弾頭の大量生産を指示した。その後、南北首脳会談や米朝首脳会談など多くのことがあったが、重要なことは金正恩が大量生産指示を撤回したという公式的な発表もなかったという点だ。米国の分析家は北朝鮮の弾道ミサイル発射中止や豊渓里(プンゲリ)核実験場廃棄をめぐり北朝鮮が広範囲にすべてのものを凍結した(freeze)というが、そうではない」

  --カンソンと呼ばれる第2の秘密核施設で濃縮を続けているという事実も確認されたが。

  「それも同じだ。北朝鮮はまだ金正恩の指示で大量生産を続けていると見なければいけない。したがって検証が非常に重要だ。北朝鮮内に査察官が直接入らなければいけない。こうした報道がポンペオ長官の北朝鮮訪問の直前に出てきたかどうかが重要だ。この問題を提起するように圧力を加えようというものと考えられるからだ。もし北朝鮮が核施設を申告しながらもカンソンを含めなければ、米情報当局は直ちに『北朝鮮が誠意を持って交渉に臨まない証拠』というだろう。しかしポンペオ長官の関心事はトランプ大統領を喜ばせてこの交渉を継続することだ。金英哲(キム・ヨンチョル)の前でテーブルを叩きながら『我々はカンソンについて知っている。直ちに閉鎖しろ』と声を上げるのは彼がしようとしていることではない。この問題を北朝鮮の前で提起したのならよいが、そうでないとしても驚くことではない」

  --最近、米国務省が主張するFFVD(最終的で完全かつ検証された非核化)はどのように出てきたのか。

  「政府が引き続き新しいものを作り出している。FFVDは実際のものではない(not a real thing)。以前はPVID(永久的で検証可能かつ不可逆的な非核化)だった。以前に使っていたものを組み合わせたのもあり、大きな意味はないと考える。このような言葉を作り出すこと自体が彼らが非核化に対して混乱しているという傍証だとみる。FFVDは非核化を新しい方法でするように見せようとするものかもしれない。これまで問題が多かった(problematic)部分がCVIDのうちIだったからだ」

  --米政府はロードマップを持っているのか。

  「誰に尋ねるかによって異なるだろうが、ジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は持っているようだ。1年を話したが、それは不可能だ。ポンペオ長官の関心はこのプロセスができる限り長く続くようにすることにある。しかし2019年上半期まで対話だけが続いて北朝鮮が措置を取らなければ、民主党が問題を提起するだろう。望ましくないが、北朝鮮の核問題が国内政争の火種(poltical football)になる可能性がある」

  --トランプ大統領は自身のロードマップもないのだろうか。

  「トランプ大統領はディテールに関心がない。メディアにどのように映るかが関心事だ。金正恩が数週、数カ月以内にエンジン試験場を爆破し、CNNとFOXニュースにこの場面が出ればとても喜び、そして北朝鮮の核の脅威が消えたとツイートするだろう。実際にはそうでなくてもだ。昨年の『炎と怒り』のような局面に回帰しないようにするためには、トランプ大統領が北朝鮮問題についてあまり話さないのが多くのことを話すよりもよいという点ではプラスだ。しかしある時点に北朝鮮はトランプ大統領が直接すべての責任を負って保証することを願うという点では、実質的外交プロセスにはマイナスの影響を及ぼすかもしれない」

「金正恩、核の大量生産指示を撤回せず…作業部会は時間稼ぎに活用も」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事