<W杯サッカー>モウリーニョ監督「F組1位はドイツ、韓国は…」

<W杯サッカー>モウリーニョ監督「F組1位はドイツ、韓国は…」

2018年06月07日14時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  イングランドプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督(ポルトガル)が2018ロシアワールドカップ(W杯)グループリーグの結果を予想した。韓国はF組の最下位と評価した。

  モウリーニョ監督は7日、自身がロシアW杯の解説を引き受けることになったロシアRTの放送でW杯グループリーグを分析した。モウリーニョ監督は韓国が属するF組ではドイツが1位、メキシコが2位になると予想した。スウェーデンが3位、韓国が4位で、韓国が決勝トーナメントに進出する可能性は低いという見方を示した。

  モウリーニョ監督はA組ではウルグアイとロシア、B組ではスペインとポルトガル、C組ではフランスとオーストラリア、D組ではアルゼンチンとナイジェリア、E組ではブラジルとスイス、G組ではイングランドとベルギー、H組ではセネガルとポーランドが決勝トーナメントに進出すると予測した。

  モウリーニョ監督はグループリーグの予想をしながら、マンチェスター・ユナイテッド所属の選手について「私のチームの選手たちが勝利すればよいが、個人的には彼らがグループリーグで早期に敗退し、休養を取ってくれるのがよい」と述べ、笑いを誘った。

  モウリーニョ監督は今年3月、ロシアRT放送局とW杯期間中にサッカー試合を分析するレビュー番組への出演に合意した。契約総額は170万ポンド(約25億ウォン、約2億5700万円)で、W杯全体日程のうち4日間だけ放送に登場するモウリーニョ監督の日当は韓国ウォンで約6億2500万ウォンとなる。モウリーニョ監督はロシアW杯の決勝戦が終わった直後、スタジオ出演ではなく映像でつないで視聴者と会う。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事