【グローバルアイ】ミサイルと五輪に対する韓国の姿勢

【グローバルアイ】ミサイルと五輪に対する韓国の姿勢

2018年01月30日15時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射試験が続いた昨年夏、当時のファロン英国防相は「ロンドンはロサンゼルスよりも北朝鮮に近い」と述べた。ファロン国防相はある放送のインタビューで、英国も射程圏に入るだけに核開発を中断させるべきだと強調した。米国などとの訓練のために韓半島(朝鮮半島)に軍艦2隻を派遣したという事実も公開した。トランプ米大統領が北朝鮮に対する攻撃の可能性を示唆して対応策を模索する間、英国など欧州でも「北核は世界的な問題」という反応が出てきた。

  このような欧州の人々にとって韓国の動向は理解しがたかった。北朝鮮のミサイル発射威嚇でグアムで危機が高まったが、韓国人観光客のおかげでグアムの観光客はむしろ増えたという報道があった。英BBCがグアムを訪問した際、韓国人観光客が浜辺で休暇を楽しむ姿が放送された。非武装地帯の近隣で開かれたコンサート場でインタビューに応じた男性は「北と戦争になるとは考えたこともない」と語った。ウォールストリートジャーナル(WSJ)は「北朝鮮リスクは韓国の投資家にはむしろ買いの機会と認識されている」と伝えた。

  北朝鮮の威嚇にもかかわらず驚くほど平穏だった韓国は平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)開催を目の前にして葛藤が生じている。北朝鮮の五輪参加が重なり「平和五輪」か「平壌(ピョンヤン)五輪」かという論争が激しい。五輪の準備のために南北を行き来する双方の関係者に関する記事には、「何のためにこんな五輪をするのか」という書き込みが目立つ。五輪を目指してこの4年間練習してきた韓国選手の機会が奪われるかもしれない女子アイスホッケー合同チームを政府が意見も聞かずに決めたのは非難されて当然だ。李洛淵(イ・ナギョン)首相の「不人気種目」発言なども非難に油を注いだ。

  しかし平昌五輪は安全が確実でないとして米国・フランス・ドイツなどが選手団派遣に慎重な態度を見せた大会だ。北核を戦争なく解決しようということに同意するなら、今回の五輪を葛藤と責任追及で綴ってはいけない。トーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)委員長はスイス・ローザンヌで北朝鮮の参加方法を確定した後、「私も分断国(ドイツ)出身」と述べながらこのように話した。「オリンピック精神は尊重と対話、そして理解だ。平昌五輪が韓半島で明るい未来を開いて、世界を希望で招くことを祈る。選手たちは違っても人類が平和に共存できるということを見せたい」。

  北核は韓国に最も大きな脅威となる。これをめぐり米国と北朝鮮の口ばかり眺めるのでなければ、平昌五輪で対話の火種を生かすべきだ。招かれざる客が訪ねてきても懐が大きければ豊かな祭りは可能だ。

  キム・ソンタク/ロンドン特派員
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事