<WBC>「韓日の決勝戦は最高の試合だった」外信伝える

<WBC>「韓日の決勝戦は最高の試合だった」外信伝える

2009年03月25日09時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  外信はワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝戦を「最高の試合」と紹介し、韓国野球の優秀さを高く評価した。

  WBCホームページは24日(韓国時間)、決勝戦での日本の優勝を伝えながら、「傑出したライバル戦」と報じた。MLBドットコムのブルーム記者は記事で「韓日両国が今大会で5度対決し、1次2次リーグで2試合ずつ勝ち、決勝戦ではイチローが10回で爽快な2点安打を放ち日本が2006年に次いでWBC2連覇を達成した」と伝えた。

  LAタイムズは、「WBC決勝戦は本当に最高水準の決勝戦だった。5万4000人の観衆が見守る中で好投と適時打、体を投げ打った名守備が目立つ名勝負だった」と激賛した。

  同紙は、「日本はこの日の試合でイチローを含む3人の大リーガーを起用したが、韓国は1人だけだった」と紹介し、「それでも韓国と日本チームは大リーガーがそろった有数のチームをはねのけた。彼らはなぜ大リーグで活躍しないのか」と反問した。また、「韓国はこれまでオリンピックの金メダルと第1回WBCベスト4などよい成績を出したがとても無視されてきた」と指摘した。

  匿名の大リーグスカウトは「(韓国の実力について)私が知らなかったようだ。韓国選手は大リーグで活躍できないと考えるならそれは偏見にすぎない」と指摘したと新聞は伝えた。

  スポーツ専門サイトのスポーツ・イラストレイテッドは、「WBC決勝で韓国と日本は野球がこれ以上米国のものではないということを証明した」との見出しの記事で、「韓日決勝戦は予行演習をたくさんこなした欠点のないブロードウェー公演を見るようだった」と賛辞を送った。

  次いで「野球が商業化され競技力向上のため選手が禁止薬物を服用するなど野球精神が色あせたこの時期に韓国と日本早級が依然として美しい娯楽だという事実を見せてくれた」とした。

  AP通信も「韓日戦はアジア版ヤンキーズ対レッドソックス戦だった。18日の韓日戦で韓国選手が勝った後マウンドに太極旗を立てたのを見てイチローが二度とそんなことはないと言っていたがその言葉通りになった」と報じた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事