韓国観光公社、日本マーケティングを本格的に再開…MERS後の観光活性化狙う

韓国観光公社、日本マーケティングを本格的に再開…MERS後の観光活性化狙う

2015年07月13日18時10分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国観光公社は13日、中東呼吸器症候群(MERS)以降、低迷した観光業界の正常化に向けて日本の地域マーケティングを本格的に再稼働すると明らかにした。

  13日~17日の期間中、アシアナ航空仙台路線就航25周年および大韓航空青森路線就航20周年を記念して、東北地域の韓国観光キャンペーンイベントを進める。

  青森(13日)1300人をはじめ、弘前(14日)1300人、仙台(16日)1200人など約3800人の関係者を招待してイベント「韓国観光交流の夜」を開催する。このイベントは日本の観光業界を含む参加者を対象に、NANTAやドローイングショーなど韓国の代表的なノンバーバル常設公演を上演し、日本の地方文化公演団もこれに加わる予定だ。

  韓国観光公社の関係者は「今回のイベントの他にも、航空会社とタイアップして日本旅行業界、メディアの招待イベントを展開して韓国観光の安全性を集中的に広報する」としながら、「8月からは大型韓流イベントを企画するなど訪韓市場の本格的な回復のために努力したい」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事