<W杯サッカー>イラン、ペットボトル投げ込んだ韓国観衆をFIFAに提訴

<W杯サッカー>イラン、ペットボトル投げ込んだ韓国観衆をFIFAに提訴

2013年06月24日14時13分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  イランサッカー協会が、韓国の観衆がペットボトルを投げ込んだとして国際サッカー連盟(FIFA)に提訴をしたことを一歩遅れて知らされた。

  イランのサッカー専門メディアのペルシアンフットボールは24日、「イランサッカー協会が18日に蔚山文殊(ウルサン・ムンス)競技場で開かれた2014年ブラジルワールドカップ(W杯)アジア最終予選第8戦の韓国との試合後、韓国観衆が自国選手に向かってペットボトルを投げ込んだことに関してFIFAに提訴した」と報道した。このメディアは「イランサッカー協会が、観衆の危険な行動に対する主張を裏付ける証拠文書を添付してFIFAに送った」と付け加えた。

  韓国観衆は18日、非マナーサッカーを繰り広げたイランに0-1で敗れた後、イラン選手たちにペットボトルを投げ込んだ。イラン選手たちは自国の国旗を振って競技場を飛び回るなどして観衆たちを嘲弄し、原因を提供した。またイラン代表チームのカルロス・ケイロス監督は韓国戦の後、韓国代表チームのチェ・ガンヒ前監督に向かって拳を突き上げるなどの常識外れの行動をした。

  またこれに先立ちケイロス監督は、チェ監督がウズベキスタンのユニホームを着た合成写真をつけたTシャツを着て撮った写真が公開されて論議を起こしていた。韓国サッカー協会もカルロス監督の“拳”ジェスチャーに抗議する公文書を19日FIFAに送った。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事