【噴水台】自殺

【噴水台】自殺

2011年04月12日17時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  クジラの大量死が時々取り上げられるが、やはり自殺は人間だけの行動のようだ。 生物学者は発達した大脳のためだと話したりする。 大脳皮質がすべての神経を統制する中枢機能をするが、ここにわずかな異常でも生じれば、鬱や激しい感情にとらわれて悲劇的な終末にいたるということだ。 過去ヨーロッパでは教会法や刑法で自殺を禁じたりもした。 自殺を図って死に切れなかった場合は罰が待っていた。 自殺の試みに対する断罪が消え始めたのは1789年のフランス大革命後だ。 英国はヨーロッパで最後となる1961年にこの制度を廃止した。

  自殺といえば必ず取り上げられる小説がある。 ゲーテの「若きウェルテルの悩み」だ。 ある春、ウェルテルは法官の娘ロッテに会って恋に落ちる。 しかし彼女にはすでに婚約者がいた。 落胆したウェルテルは故郷を離れる。 また帰ってきた時、ロッテはすでに結婚した後だった。 絶望したウェルテルは拳銃で自殺する。 小説は1774年に出た後すぐに波紋を起こした。 摸倣自殺が相次ぎ、ゲーテ本人が「自殺はいけない」と訴えるほどだった。 1974年、米国社会学者デビッド・フィリップスが摸倣自殺または同調自殺を「ウェルテル効果(Werther effect)」と命名した。

  統計庁によると09年の国内自殺者は10万人当たり31人にのぼった。 経済協力開発機構(OECD)標準人口基準に換算すると28.4人とやや減るが、相変わらず最高の自殺率だ。 加盟国の平均(11.2人)の2.5倍で、2位のハンガリーより7.4人も多い。 元大統領、有名タレント、幸福伝道師など著名人の自殺事件が忘れる頃になるとまた発生する。 病気・生活苦・殺人的教育環境までが重なり、一日平均自殺者は35人、年間1万2000人を超えるまでになった。 交通事故による死亡者の約2倍だ。

  KAIST(韓国科学技術院)の大学生4人が相次いで自殺した。 ソウル大でも時々ある。 韓国の20歳代の死亡の原因の40%が自殺であるほどだ。 不自由なく見える名門大生がなぜ自殺をするのか。 周囲の期待の高さが負担になっている側面もある。 以前はすごいという声を聞いたが、秀才たちの集団の中で頭角を現せず挫折するケースだ。 海外名門大でもこうした現象は発生する。 仏社会学者エミール・デュルケームは1897年に発表した「自殺論」で自殺を社会学的に説明した。 きわめて個人的に見える自殺も社会的な影響の産物ということだ。 社会的動物の人間にとって結局、自殺は宿命的な頚木ということか。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事