大韓サッカー協会会長「南北・日本・中国W杯共同開催を推進」

大韓サッカー協会会長「南北・日本・中国W杯共同開催を推進」

2017年05月15日14時02分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
鄭夢奎(チョン・モンギュ)大韓サッカー協会会長(写真=大韓サッカー協会)
  鄭夢奎(チョン・モンギュ)大韓サッカー協会会長が韓国と北朝鮮、日本、中国による2030年国際サッカー連盟(FIFA)ワールドカップ(W杯)共同開催を推進するという考えを明らかにした。

  最近FIFA評議会委員になった鄭会長は14日、京畿道高陽(コヤン)総合運動場で行われた記者会見で「韓日中そして北が緊密に対話をすれば、2030W杯共同開催の可能性が高いとみる」とし「まだこれらの国と話をしていないが、今後チャンスがあるはず」と述べた。

  鄭会長は「2026年W杯本大会出場国が48カ国に増えるため、FIFAも2、3カ国または4カ国共同開催に同意するだろう」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事