<野球>“阪神守護神”呉昇桓に日本取材陣が注目

<野球>“阪神守護神”呉昇桓に日本取材陣が注目

2013年12月05日09時45分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
呉昇桓(オ・スンファン、31)。
  阪神の守護神として第一歩を踏み出した呉昇桓(オ・スンファン、31)に対する日本メディアの関心は大きかった。4日に開かれた契約調印式に約20人の取材陣が韓国を訪問したが、予定された10分間の質疑応答時間をはるかに超えるほど質問が続いた。隣に座っていた中村勝広GMが長く黙り続けるほど質問は呉昇桓に集中した。

  呉昇桓に初めて公式インタビューをした日本の取材陣はさまざまな質問を投じた。スポーツニッポンの記者は「藤川球児(シカゴ・カブス)の阪神での背番号22をつけることになったが、藤川の46セーブ(2007年)記録についてどう思うか」と尋ねた。

  呉昇桓は「阪神から先に(サムスンでつけていた)21番の話を受けたが、他の選手(岩田稔)の背番号は奪いたくはなかった。些細な事だが、岩田選手の気分が良くないかもしれないと思った」と答えた。続いて「藤川のセーブ記録については私が話せる部分ではない」としながらも「機会があれば藤川選手の記録を破りたい。そうなればチームの成績が良くなると思うので」と語った。

  日本プロ野球に関する質問も続いた。スポーツ報知の取材陣は「阪神の最大のライバルの読売についてどう思うか」「(読売4番打者の)阿部慎之助を抑える自信はあるか」と尋ねた。

  呉昇桓は「両チームはすばらしいライバルだと聞いている。読売との対戦でも変わる必要はないと思っている。阿部選手は強打者だが、かつて読売で一緒にプレーした李承ヨプ(イ・スンヨプ)選手(サムスン)から多くの話を聞いている」とし「マウンドで簡単にやられていはいけないと思うので、正面勝負をしたい」と話した。

  「対戦したい選手」を尋ねる質問には「特にいない。抑え投手は常に緊迫した状況でマウンドに立つので、自分の投球が重要だと思う」と答えた。

  呉昇桓の投球イニングと連投の可能性にも関心を向けた。呉昇桓は「(韓国で)4イニングを投げたことがあるが、もっと投げることもできる。連投に対する負担はそれほどない。他の抑え投手よりも自信がある部分」とし「1週間に6試合も登板できる」と話した。

  甲子園球場と周辺地域については「大阪には何度か行った。街中でも韓国語が聞こえた。ある飲食店では韓国語で書かれたメニューがあり、親しみを感じた」と話した。続いて「甲子園球場に行ったことはないが、ときめいているし、期待も大きい」と語った。

  “石仏”呉昇桓の表情に関する質問もあった。日刊スポーツの取材陣は「表情の変化がない。いつから、なぜそうなのか知りたい」と質問した。呉昇桓は「マウンドで表情の変化がなく、いろいろな別名もある。意図的に表情を管理したことはなく、いつからかは分からない」と答え、「マウンドの上で笑うことはないと思っている」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事