韓国映画、いつまで女性を冒とくするつもりなのか(1)

韓国映画、いつまで女性を冒とくするつもりなのか(1)

2017年09月05日15時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
男映画に挙げられる(左から)『探偵なふたり』『青年警察』『鬼郷』『軍艦島』
  韓国映画に新しいジャンルが現れたようだ。今まで当然視されていたが、社会全般のジェンダー感受性が進化して、最近問題になっているというのが正確な表現ではないだろうか。「男映画」がそれだ。男映画とは? いまいち抽象的すぎる。だが、用語の正確度を突き詰めるのと同じくらい簡単なことには見えない。男映画は単に男性が次から次へと登場して彼らだけの物語を展開するような映画ではない。逆説的にも、この新興ジャンルの核心は女性に対する映画の態度にかかっているということだ。これらの映画は、男性性を刻印するために女性を暴力的に描写する。単純無知な障害物として取り扱ううちはまだ幸いだ。脱がして、覗き見て、殴って、強姦して、殺害する。搾取方式のほかに女性に対する想像力が非常に薄い映画が男映画である。

  ◆『探偵なふたり』-刑事ごっこを止める妻は性悪女?

  男映画の事例は周辺にあふれている。遠く昔に遡らなくても、過去数年間の韓国映画を基に男映画の特徴を概括してみれば次のとおりだ。まず、男映画で女は男の悲壮な課題を邪魔する障害物水準として均一化される。『探偵なふたり』が代表的な事例だ。夫は本業である漫画喫茶の経営ではなく、いつもネット上に出回る未解決殺人事件に執着する。家のことはそっちのけで刑事ごっこにハマるのは夫だが、映画はそれに対する妻の批判をゆがんだ性悪として扱う。無能でまだ大人になりきれない夫の地位を守るために、常識的で分別のある妻を神経質に描写するのだ。結末にはさらに戸惑う。「どうしよう、慈愛深い我々男が我慢してやらなければ」式だが、実に便利な「精神勝利」といえる。

  ◆『V.I.P』-女性キャラクターは全員スケープゴート

  一方、男映画は男性キャラクターを立体化させるために女性キャラクターを身代わりと見なしている。最近、議論になっている『V.I.P』が代表的だ。この映画で女性はすでに死んでいるか、あるいは間もなく死ぬことになっている。特に序盤の殺害場面は扇情的というより残酷だ。キャラクターの悪魔性を強調して物語の力を確保するためであったとしても状況は変わらない。この世で悪魔を想像する方法は想像を絶するほど多い。その多くの方法の中から、よりにもよって女性を拷問して、強姦して、殺害する方法に固執した理由は何なのか。貧しい想像力は時には悪だ。

  ◆『青年警察』-苦痛を受ける女性の末梢的展示

  あわせて男映画は男の神話を完成するために女性の苦痛を抵当に入れる。ソウル大林洞(テリムドン)と中国同胞の描写で論争を巻き起こした『青年警察』は『V.I.P』より深刻だ。この映画は一種の英雄物語だ。女性対象の人身売買犯罪、犯罪を企てる悪党、女性を救うために悪党と対決する警察の卵という構図だ。問題はこの構図が噛み合う時に発生する効果だ。青年を英雄としてあがめるために、映画は苦痛を受ける女性を末梢的に展示する。女性が苦痛を受けるほど2人の男性の英雄指数は上昇する。あきれることに、この渦中でも映画は始終一貫してユーモアに固執している。一方では卵子摘出犯罪が深刻に進んでいる。もう一方で、男たちの言葉遊びや体を使ったギャグがこの上なく軽く映る。「彼女たち」を切実に心配するべき時に「彼ら」の天真爛漫な言動を楽しまなければならない、「彼ら」の天真爛漫さによって「彼女たち」の苦痛を笑ってやり過ごさなければならないのがこの映画の核心のようだ。

韓国映画、いつまで女性を冒とくするつもりなのか(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事