河野太郎外相が外務省職員に「私は父とは違う」と呼びかけた訳は

河野太郎外相が外務省職員に「私は父とは違う」と呼びかけた訳は

2017年08月07日08時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
河野洋平元官房長官(写真=中央フォト)
  今月3日に安倍晋三首相が断行した内閣改造で外相に起用された河野太郎氏と父親の河野洋平氏、この2人の考えがどれほど違っているのか日本メディアで連日話題になっている。

  太郎氏の父親・洋平氏は官房長官や外相、衆議院議長など要職をすべて歴任した。特に、官房長官時代の1993年8月には旧日本軍慰安婦動員の強制性を初めて認めた「河野談話」を発表した。自民党を代表するハト派だ。

  朝日新聞は、太郎氏について「中韓など近隣外交を重視する姿勢で、首相の靖国神社参拝には否定的な立場。(父親の河野)洋平氏と考え方の重なる部分も少なくない」と分析した。だが、平和憲法改正や慰安婦問題などについては2人の立場は異なる。

  父親である洋平氏は憲法改正に反対の立場だ。洋平氏は5月、ある講演で「憲法9条は触るべきではない。現実を憲法に合わせようとする努力をまずしてみることが先だ」と主張した。反面、太郎氏は自衛隊の存在を憲法に明記するための改憲には賛成で、安倍首相の考えに近いとされている。安倍首相が「河野談話」や「村山談話」など、過去の植民支配を日本が謝った談話に代えるために発表した「戦後70年談話」や慰安婦問題に対する考えも違う。洋平氏は2015年6月、日本記者クラブ会見で「(93年に)河野談話を出してからの十数年間、日韓関係は非常にスムーズに理解と協力が進んだ」と評価した。一方、太郎氏は今月4日の外相就任会見で「我が国の立場は安倍首相の戦後70年談話と、両国政府が確認した日韓合意にある。それ以上私が付け加えることはない」と述べた。

  父親の洋平氏と比較しようとする見方に負担を感じたのか、太郎氏は4日、外務省職員に「河野洋平と河野太郎は人間性も考え方もまったく違う。(洋平氏が外相だった)当時の経験は横において、河野太郎とおつきあいいただきたい」と呼びかけた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事