再起に成功したチェ・ホンマン、テクノダンスは踊ったが…

再起に成功したチェ・ホンマン、テクノダンスは踊ったが…

2015年12月27日10時27分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
再起に成功したチェ・ホンマン。
  “テクノゴリアテ”が再び踊った。

  チェ・ホンマン(35)は26日、中国・上海で開かれた「シャオミ・ロードFC027イン・チャイナ」の無制限級トーナメント準々決勝で中国のロオヘンチャオ(19)から棄権勝ちを奪った。

  チェ・ホンマンは試合序盤に苦戦した。彼は試合開始と同時に両手でパンチを飛ばし猛攻するロオヘンチャオの攻撃を何回も顔面に浴びた。チェ・ホンマンはロオヘンチャオを抱きかかえて攻撃を阻止した。ロオヘンチャオは193センチ、110キロと身体条件での劣勢にもしっかりとした攻撃的プレーを展開した。

  217センチの身長から打ち下ろすパンチは何度も出せなかった。だが幸運の女神はチェ・ホンマンの味方だった。彼は相手の突然の棄権で勝利した。鼻血を流したロオヘンチャオは試合を放棄した。

  チェ・ホンマンは勝利が切実だった。彼は7月25日に東京・有明コロシアムで開かれた格闘技復帰戦兼「360ゲーム・ロードFC024イン・ジャパン」無制限級でカルロス・トヨタ(44、ブラジル)にパンチ2発を食らい1ラウンド1分30秒でTKO負けを喫した。

  その後チェ・ホンマンは訓練に没頭した。おかげでチェ・ホンマンは全盛時代の体重をほとんど回復した。7月の中国大会より6キロ増やした彼は体重151.5キロと測定された。2000年代初めに土俵を制圧したチェ・ホンマンは横綱に当たる「天下壮士」時代に体重が155~160キロで推移した。

  チェ・ホンマンは再起には成功した。同時に多くの課題も残した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事