ビデオの92%「青少年観覧禁止」判定

ビデオの92%「青少年観覧禁止」判定

2008年10月16日11時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ビデオ市場を狙って作られる映画10本中9本が「青少年観覧禁止」等級を受けていることがわかった。

  国会文化体育観光放送通信委所属ハンナラ党ハン・ソンギョ議員が、映像物等級委員会(映等委)から提出を受けた資料を分析した結果だ。

  資料によると映等委が今年等級判定を下したビデオ1628本のうち91.9%である1496本が淫乱・暴力シーンが多く「青少年観覧不可」等級を受けた。映画を上映した後、自動的にそのビデオを提出する場合は除いた数値だ。

  2003年73.5%だった「青少年観覧禁止」の割合は昨年91.3%で初めて90%台を突破した。「映画及びビデオの振興に関する法律」で規定する青少年は“満18歳未満”だ。

  映画市場も状況は似ていた。国内映画の場合2003年17.1%だった「青少年観覧禁止」判定の割合が今年26.2%に増えた。国外映画の観覧禁止の割合も同期間15.3%から29.1%と2倍近く増えた。

  ハン・ソンギョ議員は「映画・ビデオすべての映像分野を大人が掌握してしまった」とし「大韓民国が“淫乱ビデオ株式会社”になっては映像コンテンツの発展を期待できない」と指摘した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事