ブランドがない韓国…中身が空っぽで薄利多売に陥る製造業(1)

ブランドがない韓国…中身が空っぽで薄利多売に陥る製造業(1)

2014年08月20日11時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  #1.ファッションの都市ニューヨーク。この中でも5番街は最高のファッション中心地だ。有名ブランドでなければ進出しにくいこの場所に先月17日、スウェーデンのSPAブランドのH&Mが出店した。4フロア全体を使った5295平方メートルの大型店舗だ。ニューヨークのファッション界が見過ごすことはできない一発も準備した。「世界で最も高いアーティスト」と呼ばれるジェフ・クーンズが売り場をデザインした。服だけでなく最高の店舗も見にこいというブランド戦略だ。

  #2.昨年9月、新世界本店がリニューアルした。この時コーロンの中低価格女性服ブランドの「クア」は撤退した。「シーズミス」「シスリー」のような韓国ブランドも離れなければならなかった。この場所は海外ブランドが占めた。韓国が繊維大国であってもブランド品になるには歴史と名声で大きく劣った。SPA製品でも押され気味だ。ある有名ブランドの韓国支社長は「韓国は外見はまねるが、需要を予測して素早く新製品を作らなければならないSPAブランドの本質には慣れていないようだ」と話した。韓国ファッション産業研究院のチュ・テジン本部長は「繊維輸出がうまくいっている時に新製品とブランドを開発し未来に備えるべきだった」と診断した。

  韓国の製造業の成長は世界がうらやむ。しかし韓国の製造業は依然として「名前」がない。サムスン電子や現代自動車程度のブランドを除くと「世界的」という修飾語を付けられるものはいくつもない。100年企業の斗山(トゥサン)グループの朴容晩(パク・ヨンマン)会長は「海外に行ったが斗山というブランドを知っている人はほとんどいなかった」と話した。斗山が世界的ゴルフ大会の全英オープンを後援することになった理由でもある。

  代表ランナーも危なっかしい。現代・起亜自動車は世界の自動車販売で5年にわたり5位を守っている。品質満足度評価でも上位に上がる。しかしブランド価値を調査するインターブランドによると現代自動車のブランド価値は43位、起亜自動車は83位だ。大きく上がったといってもこの程度だ。日本のトヨタ(10位)、ドイツのメルセデスベンツ(11位)とBMW(12位)との格差は大きい。

ブランドがない韓国…中身が空っぽで薄利多売に陥る製造業(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事