【ニュース分析】北が肯定的態度に変化…親書効果?(1)

【ニュース分析】北が肯定的態度に変化…親書効果?(1)

2009年12月17日08時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  スティーブン・ボズワース米国国務省対北政策特別代表の訪朝結果は予想よりずっと肯定的だった。まず北朝鮮反応がそうだった。北朝鮮外務省スポークスマンはボズワース代表が訪朝日程を終えた翌日(11日)「6カ国協議再開必要性と9・19共同声明履行の重要性から、一連の共同認識ができた」と明らかにした。こうした北朝鮮を、米国は“良い出発”と評価した。

  北朝鮮が6カ国協議復帰を約束したのではなかった。しかし北朝鮮が4月「6カ国協議に二度と参加しない」と宣言した後、6カ国協議再開と9・19共同声明履行についての言及は初めてだ。大きな態度の変化だ。

  ワシントンの北朝鮮専門家たちはこうした変化がやや意外だとして首をかしげた。何より北朝鮮と米国は後続対話の開催日程を論議していない。それにボズワース代表は金正日(キム・ジョンイル)北朝鮮国防委員長に会うことはできず、訪朝日程を予定通りに終えた。それだけ北朝鮮の変化には「何かある」という話がワシントン外交家の間に広がっていた。ところが、この変化を導いた動力が、ボズワース代表を通じて金正日委員長に送られたバラク・オバマ米大統領の親書だったということがわかったのだ。

  大統領親書は、外交的拘束力を持たない。しかし一般的に一国の首班がとることのできる最も丁寧な形態の要請を盛り込んだ文書だ。もちろん非公開で水面下に隠される場合が多い。今回もオバマ政府は6カ国協議以外の参加国にこうした事実を公開してはいけないと強調したことがわかった。韓国政府は「ボズワース代表が親書に対して話しておらず、確認できた事項はない」「言及するのに適切ではない」という立場を維持している。

【ニュース分析】北が肯定的態度に変化…親書効果?(2)

【ホットクリック】

・ <サッカー>「主審は狂った」外信記者も韓国取材陣慰める
・ 日本、韓国人被爆者に110万円ずつ補償
・ タイで押収された北朝鮮武器16億円相当
・ 海外で愛される韓国車…「クリック」輸出は内需の10倍
・ イ・ビョンホン、3日間食事も取れず…17日、日本へ
・ 金宇中元大宇会長、ドイツ航空相手取りマイレージ返還訴訟へ
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事