韓経:南北外交安保ライン対話…「日米中露4カ国との関係が重要」

韓経:南北外交安保ライン対話…「日米中露4カ国との関係が重要」

2018年02月27日14時12分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  金英哲(キム・ヨンチョル)北朝鮮労働党中央委員会副委員長兼統一戦線部長が26日、チョン・ウイヨン青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室長と昼食をした。彼は前日、訪問初の公式日程として文在寅(ムン・ジェイン)大統領と叙勲(ソ・フン)国家情報院長に会ったことに続き、趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官が主催した晩餐会に参加した。「韓国哨戒艦『天安(チョナン)』爆沈の主犯」という論争を意識して公開日程を最小化すると同時に、韓国政府の外交安保ラインと水面下での接触を最大限増やし、南北関係の改善と米朝対話を同時に推進している。韓国と北朝鮮は27日、板門店(パンムンジョム)で平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピック関連実務会談を行う。

  ◆「周辺4カ国との関係が重要」

  この日、ソウルのあるホテルで開かれた昼食会には韓国側でチョン室長以外に千海成(チョン・ヘソン)統一部次官が参加した。

  北朝鮮側では金英哲氏と李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員会委員長が出席した。両側は韓半島(朝鮮半島)の平和に向けた周辺4国(日米中露)との関係が重要だということに意見を一致したと青瓦台核心関係者が伝えた。チョン室長は金英哲氏に「昨年5月に文在寅政府が発足して以来、周辺国との関係回復のために努力してきた」として「そのような努力が韓半島の平和の定着に寄与した」と説明した。引き続き「文大統領がドナルド・トランプ米大統領と4回以上首脳会談をして1カ月一度で電話会談をしてきた」と紹介した。チョン室長は「韓半島情勢でこのような韓米関係の土台が重要だ」と強調した。

  これを受け、金英哲氏は「文在寅政府のそのような努力を評価する」とし「米国との対話の扉は開かれている」と話した。金英哲氏は25日、文大統領との会合で言及した通りにこの日も「米国と対話する用意がある」と何回も明らかにした。

  昼食会の参加者の中で長官・次官級でない要人のうち最も目につく人物は韓国側側の北核6カ国協議の首席代表である李度勲(イ・ドフン)外交部韓半島平和交渉本部長だ。李本部長は北核外交を総括して北核6カ国協議が開かれる場合、韓国の首席代表を引き受ける。だが、青瓦台関係者は「南北が6カ国協議の再開のようなことを話したか」という質問に「多国間会談の話はなかった」と答えた。

  この日、昼食が昼間12時30分から午後2時30分まで2時間にかけて続き、両側が具体的な内容をやりとりしただろうという解釈が出る。

  ◆米朝対話なくても南北関係の改善が実現できるか

  金英哲氏一行は訪問初日である25日には文大統領と徐院長に会った後、長官と晩餐会を共にした。

  文大統領との会合には北朝鮮訪問団8人全員が参加し、趙長官との食事の時は金英哲氏と李善権氏など5人が出席した。この席で南北関係の全般に関して意見を交換し、平昌五輪に関する話を交わした。

  文大統領と北朝鮮代表団の会合では米朝対話と韓半島の非核化に関して話を交わし、互いに意見が歩み寄った。文大統領は南北関係の改善と韓半島問題の本質的解決のために米朝対話が早急に開かれるべきだと強調した。金英哲氏も米朝対話をする十分な用意があり、南北関係と米朝関係が共に発展しなければならないということに意見を一致した。趙長官が主催した晩餐会では、南北の懸案である南北首脳会談と対北朝鮮特使の派遣、韓米合同演習、金剛山(クムガンサン)観光の再開および開城(ケソン)工業団地の再稼働などについて部分的に意見を交換したと伝えられた。北朝鮮代表団のすべての公式日程は韓国政府や青瓦台の建物でない外部で行われた。金英哲氏が韓国哨戒艦「天安」爆沈事件の主犯に名指されて注目を集めている中で国民的批判世論が激しくなっているという点を意識した歩みにも読まれる。

  韓国と北朝鮮は27日午前10時、板門店の北朝鮮側地域統一部で平昌パラリンピック実務会談を開く。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事