【コラム】朝貢の再構成=韓国(1)

【コラム】朝貢の再構成=韓国(1)

2017年01月25日16時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  華夷秩序の核心は朝貢だった。最も熱心な朝貢国は沖縄(琉球)であり、朝鮮がその次だった。朝貢を徹底しなければ不敬罪を懲罰しに軍隊が来る。正祖の時代の変わり者パク・ジウォンが八親等の従兄にこびて鴨緑江(アムノッカン)を渡った。乾隆帝の70歳を祝う長い行列だった。1年に30回ほど行ったため国の蔵が空になった。それでも丙子の乱の直後に比べると何でもない。

  政権が代わったことに背を向けた朝鮮を懲罰しに清の竜骨大が軍隊を率いてきた。開城留守が軍隊の出現を報告したが、モンゴル騎兵は母岳ジェ(ムアクジェ)を越えて西小門(ソソムン)に到着した後だった。仁祖は南漢山城(ナムハンサンソン)に避難して越冬した。竜骨大は紅夷砲を黔丹山(コムダンサン)に置いて時々、大砲を撃った。晩冬に食糧が尽きた仁祖は三田渡に出て三跪九叩頭の礼で許しを請うた。不敬罪で貢物が急増した。世子・大君・嬪を人質とし、宮女数百人、軍馬、穀物、土産物を積んで帰った。

  これが「政経癒着」という悪習の現代版だ。朴槿恵(パク・クネ)が就任直後に大砲を撃った標的は蚕室(チャムシル)原にあるロッテだった。朴槿恵大統領選脱落の計略は李明博(イ・ミョンバク)陣営が入居したロッテホテルで出てきた。ロッテはその恩として蚕室原に南漢山城と似た高さの約100階建てビルを建設できた。朴槿恵は紅夷砲よりも恐ろしい国税庁と検察を動員した。幸い、辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)会長は助かったが、親戚が次々と脱税・横領容疑で逮捕された。財閥の総師を締め上げるのにこれ以上ない機会だった。

  朴槿恵が「創造経済!」を唱えると、17の大企業が先を競って貢物を捧げた。サムスンは大邱(テグ)・慶北(キョンブク)基地に1900億ウォンを出した。創造経済の後には「文化隆盛!」を叫んだ。サムスンはKスポーツ・ミル財団に204億ウォン(約20億円)を出した。その他の財閥は状況を見ながら金額を調整した。嫌われれば軍隊(国税庁・検察)が来て、総帥が投獄される危険がある。したがって抵抗する手段はない。盧武鉉(ノ・ムヒョン)を除いてすべての政権が貢物を要求した。盧泰愚(ノ・テウ)は2000億ウォン着服、金泳三(キム・ヨンサム)はそれよりひどい経済破綻、金大中(キム・デジュン)は平壌(ピョンヤン)送金、李明博は微笑金融だったが、すべて財閥の貢物で充当した。

  時には見返りを望んだだろう。ロッテの100階建てビルは報勲の性格が濃厚だが、お金が行き来した証拠を見つけることができなかった。常識的に大統領との直接取引は難しい。政権事業を要請する大統領に嘆願する大胆な総帥がいるだろうか。権力者に贈貢は一種の保険であり嘆願を受ける場ではない。受貢者がかわいがって恩を施すことはできるが、その場合はすぐに贈収賄罪が構成される。燕行使は北京の天安門の前で1カ月ほど待機し、皇帝を拝謁し、60日ほどかかる帰途につく。嘆願、そういうことをするのは不敬罪だ。文化隆盛・乗馬協会・冬季スポーツを合わせて430億ウォンを貢いだサムスンに朴槿恵は何を下賜したのか。それを探し出してこそ特検は体面を保つ。

【コラム】朝貢の再構成=韓国(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事