韓経:「中国車2次空襲」…「まだ微風、近く台風になる」

韓経:「中国車2次空襲」…「まだ微風、近く台風になる」

2018年06月07日10時34分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
中国東風小康(DFSK)が先月9日に公開したプラグインハイブリッド(PHEV)スポーツユーティリティー車(SUV)の「G7」(写真=シンウォンCKモーターズ)
  中国の自動車メーカー東風小康(DFSK)が1日から韓国で車両を販売し始めたと6日に明らかにした。先月31日に締め切られた事前契約件数は150件ほど。自動車業界の予想を大きく下回る成績だが、数年後には低価格の中国製自動車に韓国市場の一部を渡すことになるかも知れないとの懸念も出ている。

  東風小康自動車は韓国の輸入会社を通じ1日から小型トラックとミニバンなど4種類の車両を売っている。下半期にはプラグインハイブリッド(PHEV)スポーツユーティリティー車両(SUV)の「G7」を発売する計画だ。

  東風小康は韓国に2番目に進出した中国自動車ブランド(バスと小型電気自動車ブランド除く)だ。昨年初めには中型SUV「KENBO600」で北京銀翔自動車が韓国市場に参入した。中国ブランドの強みは価格だ。東風小康の0.8トントラックである「K01」の価格は1110万ウォン(約114万円)。同クラスの韓国製トラックと比較すると400万ウォンほど安い。他のモデルも同クラスの車両より30%ほど安い。中型SUVのKENBO600の価格は1990万ウォンで韓国の小型SUVと同水準だ。

  低価格でもまだ中国製自動車の韓国での販売成績は振るわない。東風小康は先月9日に韓国進出を宣言し「今年1500台を売る」と豪語したが、事前契約件数は150件ほどにとどまった。KENBO600の販売台数は昨年300台ほどで、今年は先月までで100台水準だ。年間3000台を売るという目標を大きく下回る。業界関係者は「中国ブランドに対する不信感が大きい上にアフターサービスのインフラが不足しているという懸念が加わった結果」と分析した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事