韓国の輸入車市場で日本車のシェア20%突破

韓国の輸入車市場で日本車のシェア20%突破

2017年08月06日12時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ドイツのディーゼル車が最近の排出ガス不正問題でつまずくと、燃料と電気モーターを結合したハイブリッドを掲げた日本車が韓国の輸入車市場を疾走し始めた。

  韓国輸入自動車協会が5日に明らかにしたところによると、7月の輸入車市場でレクサス、トヨタ、ホンダ、日産、インフィニティの日本ブランドのシェアは22.5%となった。ブランド別の販売順位はレクサスが1091台で3位、トヨタが1047台で4位となり、ホンダも1001台で6位を記録した。

  特にレクサスのハイブリッドモデル「ES300h」は660台で7月に最も多く売れた輸入車となった。日産「アルティマ2.5」が433台で8位、トヨタ「カムリハイブリッド」が368台で10位に名前を上げた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事