選管、「在外国民240万人に投票権付与を推進」

選管、「在外国民240万人に投票権付与を推進」

2008年10月16日09時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  240万人の在外国民に国内の選挙投票権を付与する案が進められている。中央選挙管理委員会は15日、こうした内容を盛り込んだ政治関係法改正意見を国会に提出した。この意見を国会が受け入れれば一時的な海外滞在者だけでなく、外国永住権者も韓国の大統領選挙や国会議員総選挙(地方区・比例代表)で投票できるようになる。ただし外国市民権者は除外され、国会議員の再・補欠選挙と地方選挙も対象外となる。

  外交通商部は昨年発表した‘在外同胞現況’で、在外国民は300万人だと明らかにしている。選管はこのうち19歳以上の投票権者は240万人に達するものとみている。

【社説】在外国民の投票権、実現可能なものから
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事