【時論】「平昌以後」は平昌にかかった

【時論】「平昌以後」は平昌にかかった

2018年01月30日11時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ペンス米副大統領は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)が平昌(ピョンチャン)五輪をハイジャックするだろうと警告した。「金正恩は(五輪の)スポットライトを横取りし国際社会に北朝鮮を宣伝しようとするだろう」。彼の話は誇張ではない。北朝鮮選手団の規模から玄松月(ヒョン・ソンウォル)の管弦楽団まで合わせて500人だ。平昌で北朝鮮の存在感はあまりに圧倒的だ。韓国が主催する五輪に平壌(ピョンヤン)が参加するのか、南北が共同主催する五輪が平壌だというところで開かれるのか私たちもこんがらがる。「平壌五輪」という揶揄が出るほどだ。

  金正恩の新年辞も一助となった。彼は南朝鮮で開かれる「冬季五輪競技大会が民族の地位を誇示」うんぬんしながら固有名詞である「平昌冬季五輪」から平昌を除いてしまった。平昌五輪、平和五輪、平壌五輪の「3平」が絡まる理由だ。

  問題は「平昌以降」だ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は平昌で再開された南北対話が米朝対話につながることを期待する。しかし平昌と南北対話を見るワシントンの見方はとても冷たい。トランプ大統領は文大統領との電話会談で平昌五輪の成功を祈った。しかし国防長官、CIA局長、海兵隊司令官は「対北朝鮮軍事オプションは生きている」「五輪が終われば韓米合同軍事演習を必ず再開する」「韓国での地上戦準備も徹底している」と強調する。

  金正恩は五輪開幕前日に平壌の金日成(キム・イルソン)広場で大規模建軍節軍事パレードを行う。統一部の趙明均(チョ・ミョンギュン)長官も26日に「韓半島平和作り財団」戦略対話で「2月8日の軍事パレードが非常に威嚇的な行事になる可能性が高い」と話した。建軍節パレードには米国本土を射程圏に置いた火星シリーズの大陸間弾道ミサイル(ICBM)が姿を表わすものとみられる。パレードの目的は対米核抑止力を完成した金正恩の「偉大な」政治功績を誇示するもののため火星ICBMは除けないだろう。

  金正恩が核・ミサイル打撃能力を誇示し、五輪後に韓米合同軍事演習が再開されれば韓半島(朝鮮半島)事態は平昌以前に回帰する可能性が高い。文大統領は「平昌休戦」の77日中に米国を説得しなければならない。何で?

  2種類だ。ひとつは苦労してどうにか再開された南北対話を米国が受け継ぎ現在の危機局面をひとまず抜け出そうということだ。米国は韓国のこうした要請を真剣に考慮しなければならない。米国の強硬発言は金正恩に核・ミサイル大量生産を急げという督促状の役割しかしない。

  ふたつ目は韓米合同軍事演習の規模を縮小しようということだ。21世紀の戦争は陸海空に宇宙の4次元戦場にサイバーが加わり5次元の戦場で行われる。サイバー戦技術で米国は世界のトップを走る。コンピュータを基盤としたサイバーと電子攻防が戦争の勝敗を分ける現在の戦争で規模の大きいハードウェア中心の軍事演習は意味が少ない。重厚長大から軽薄短小に進むスマート戦争の時代だ。北朝鮮のサイバー戦能力は恐ろしい。

  北朝鮮の牽制なく米国を説得するのは難しい。平昌から始めよ。ペンス副大統領が心配する北朝鮮の五輪ハイジャッキングを許容するな。玄松月に対する丁重さは卑屈そのものだった。平昌で北朝鮮の存在感が合理的な水準を超えてはならない。米国の意思に反した、米国の参加がない韓半島問題解決は不可能なのが現実だ。

  次は北朝鮮だ。韓米合同演習が再開されても南北対話を継続し水準を高めていこうと説得せよ。金正恩は北朝鮮の冬季五輪参加で文大統領に大きなプレゼントをした恩着せがましい。五輪が終われば金正恩は新年辞で暗示した通りプレゼント代の請求書を差し出すだろう。開城(ケソン)工業団地、金剛山(クムガンサン)、5・24対北朝鮮制裁措置などだろう。これは対北朝鮮交渉のレバレッジ(てこ)であるわれわれの資産だ。

  文大統領が積弊清算の対象にした李明博(イ・ミョンバク)・朴槿恵(パク・クネ)2人の元大統領が取った対北朝鮮措置を対北朝鮮交渉のレバレッジとして使えるようになったのは歴史のアイロニーだ。平昌五輪招致が李明博チームの作品であることを考えればさらにそうだ。

  平昌五輪総決算の一番下の列(bottom line)は平和でなければならない。戦争と平和の交差点で開かれる五輪を主管する文大統領は運が良い政治家だ。天が政治屋(politician)文在寅に政治家(statesman)になる機会を与えたようだ。

  平和の道はトロイ戦争が終わった後に帰国する古代ギリシャの英雄オデッセウスの旅程のように長く険しいものだ。文大統領はゆっくりと急げという「festina lente」の姿勢で米国と北朝鮮の間に挟まれた峡谷を、可能なすべての人的資産を動かしキツネの知恵と猛獣の決断力で突破していかなくてはならない。

  金永熙(キム・ヨンヒ)/元中央日報論説委員
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事