韓国農水産食品流通公社、日本輸出に向け「3大キーワード」提示

韓国農水産食品流通公社、日本輸出に向け「3大キーワード」提示

2014年03月18日10時47分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国農水産食品流通公社(aT)が、東京食品博覧会(4-7日開催)に参加した韓国輸出会社76社のバイヤー相談内容を分析し、日本食品市場への輸出に向けた3大キーワードに「Fun、Small、Healthy」を選定したと17日、明らかにした。

  今回の博覧会で「楽しさ」を加味した製品がバイヤーの注目を浴びたとし、国内中小企業の製品のうちふたを回せば色がついた液状ビタミンが水に染みこむビタミンウォーターを代表例に挙げた。また、400グラムの大容量の玉ネギキムチに対し、バイヤー側は50グラムの包装を要求した点などから、日本進出のために“小さな包装”の重要性が提起された。引退した団塊世代が主要消費階層に浮上した日本では、シルバー世代のための「健康」も関心を集めたことが分かった。

  aTの関係者は「日本は昨年21億ドル分が輸出された韓国の農食品輸出第1市場」とし「今後も有望品目の発掘を支援し、日本市場輸出拡大のために努力していく」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事