【社説】慎重に処理すべき対北朝鮮軽油搬出…平昌五輪後も考えよ

【社説】慎重に処理すべき対北朝鮮軽油搬出…平昌五輪後も考えよ

2018年01月30日10時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  政府が金剛山(クムガンサン)合同公演に軽油を供給する案は最大限慎重に処理しなければならないことだ。軽油は国連と米国が定めた制裁品目だ。政府は金剛山文化会館に電気を充てるために少量の1万リットル(約63バレル)の軽油を搬出しても別に問題にならないと考えている模様だ。搬出量が国連が定めた石油精製品の上限線(50万バレル)の0.012%に過ぎないということだ。米国の制裁も独自措置なので韓国が必ず守らなければならない義務はないというの立場だ。

  だが、しばらく水面下に隠れた北核危機の状況、特に平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)以降を考えれば、より慎重に考えるべきことだ。米国などとの十分な調整なしに軽油を搬出すれば、国際社会の北朝鮮に対する制裁の足並みを乱すことに映るかもしれない。たとえ守るべき義務はないといっても同盟国が定めた独自制裁の精神に反する措置は望ましくない。

  軽油搬出が韓国と北朝鮮が結んだ相互主義原則に反するという点も問題だ。平昌五輪に来る北朝鮮代表団の滞在費を韓国が負担すれば、北朝鮮で行われる行事関連費用はすべて北朝鮮が負担するのが筋だ。

  ただでさえ、強制労働論争に巻き込まれた馬息嶺(マシクリョン)スキー場で南北合同訓練をすることにして国際人権団体から批判を浴びている。金剛山公演のために軽油搬出が仕方ないものであれば、十分な相談を通じて米国側の了解を得なければならない。それとも、韓国政府が北朝鮮に振り回されるという悪い印象を与え、米国が一方的に北朝鮮に対する政策を展開する口実になる可能性がある。

  今はお祭り雰囲気だが、3~4月になると北朝鮮が再び挑発する可能性が高いというのが専門家たちの分析だ。そのうえに、北朝鮮は五輪開会式前日、当初1万3000人余りから5万人余りに参加人員を増やした大規模な閲兵式を開くという。平昌五輪以降を考えると、南北対話とともに韓米同盟をしっかり確かめることも決して疎かにしてはいけないだろう。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事