韓国政府、拉致被害425件に145億ウォン補償

韓国政府、拉致被害425件に145億ウォン補償

2011年10月28日11時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国政府が韓国戦争(1950-53)休戦後の北朝鮮による拉致400余件に対し、計145億100万ウォン(約10億円)の補償金を家族などに支給した。

  国務総理室傘下「拉北被害者補償及び支援審議委員会」は27日、「448件の申請のうち、審議で425件を拉致被害とし、被害慰労金と補償金、帰還拉致被害者定着金を支給した」と明らかにした。

  しかしドイツに滞在中だった1985年に夫人シン・スクジャ氏と2人の娘を連れて自主的に北朝鮮へ入国し、本人だけが脱出したオ・ギルナム氏が申請した被害慰労金申請に対しては、2月に拒否決定を下した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事