日本メディア「金正恩委員長、平昌五輪参加に青信号…緊張緩和のメッセージ」

日本メディア「金正恩委員長、平昌五輪参加に青信号…緊張緩和のメッセージ」

2018年01月02日09時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本のメディアが1日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の「新年の辞」の内容に大きな関心を見せた。

  金委員長がこの日、核のボタンを取り上げて脅威したが、平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)への選手団派遣を示唆し、南北関係改善に意欲を示したと日本のメディアは伝えた。

  共同通信はこの日、金委員長が圧力を強化する米国を強くけん制し、平昌冬季五輪への参加に肯定的な姿勢を見せたと報じた。

  また、核戦争力の高度化方針を明らかにした一方、対話再開にシグナルを送ったものと解釈した。同時に、五輪参加を盾に韓米間結束を揺さぶりをかけながら、国際的な包囲網に風穴を開けようとする戦略が垣間見えると分析した。

  また、北朝鮮が韓米合同軍事演習の中止を求める立場は維持しており、今後南北間対話が順調に行われるかどうかは不透明だと見通した。

  NHKも金委員長が核のボタン発言でトランプ大統領を脅威しつつ、韓国に対しては平昌冬季五輪への参加に肯定的な反応を見せたと伝えた。

  朝日新聞も金委員長が米国本土を攻撃できる核弾頭を搭載した大陸間弾道ミサイル(ICBM)の実戦配備を宣言したが、平昌冬季五輪に北朝鮮代表団を派遣する用意を示したと報じた。

  日本の専門家たちも金委員長の新年の辞で韓国と対話への姿勢を見せたという点に注目した。

  東京国際大の伊豆見元教授(国際関係学)は共同通信に「今までなかったレベルの南北の緊張緩和メッセージ」と明らかにした。

  彼は「文在寅(ムン・ジェイン)政権が米国に韓米合同軍事演習の延期をどこまで認められるかが今後の焦点になるだろう」としながら「訓練を1年程度延期すれば南北が軍事会談を開いて北朝鮮が核実験の中止を約束する可能性もある」と見通した。

  また、「南北関係が実りを結べば圧力強化を掲げている米国と日本も融和路線に反対することは難しいだろう」と分析した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事