AI防疫に投入された公務員が死亡…1日に12時間勤務、過労死と推定=韓国

AI防疫に投入された公務員が死亡…1日に12時間勤務、過労死と推定=韓国

2016年12月28日15時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  一日に12時間以上を鳥インフルエンザ(AI)防疫業務に当たっていた40代の独身男性公務員が自身の部屋で遺体で発見された。周辺からは過労死の可能性を提起している。亡くなった公務員は、慶尚北道星州郡(キョンサンブクド・ソンジュグン)農政課の9級公務員チョン・ウヨンさん(40)だ。

  彼は27日午前11時ごろ、星州郡星州邑(ソンジュウプ)にある自身の部屋で遺体で見つかった。同僚職員が発見して119潘に通報した。この同僚職員は警察で「チョンさんが朝に出勤しなかったので部屋を訪ねてみたところ、横になったまま亡くなっていた」と述べた。

  星州郡によると、チョンさんは韓国国内でAIが発生して以来、先月中旬から毎日午前8時の前に出勤して午後9~10時まで働いた。死亡した前日である26日にも、星州郡大家面(テガミョン)の農産物流通センターで午後10時までAI消毒業務を行っていた。AI防疫業務に郡庁で年末の書類作業まで重なり、先月は42時間、今月だけで45時間の残業をしていた。

  同僚職員は「チョンさんは持病がなく、普段酒もあまり飲まない」と伝えた。警察の調査結果、部屋には外部から侵入した跡もなかった。遺書も見つからなかった。外傷もなかった。星州郡のクォン・ドギ企画監査室長は「1カ月以上、過重な業務を行って過労死したと見られる」と話した。

  チョンさんの突然死に遺族は衝撃を受けた。チョンさんの兄であるチョン・ホドンさん(44)は「弟から最近、業務が多く重なっていた上に、上司の指示が多くてストレスが溜まったと聞いた」とし、「弟が普段、周りに連絡をあまりしない方だが、ここ数日間、知人らに電話をかけて辛いと話していたそうで、兄として心が痛い」と話した。

  同僚の公務員らも遺憾の意を隠せなかった。昨年11月、9級公務員として採用されて以来、部署の末っ子公務員だったチョンさんは他人を常に配慮する誠実な人だったという。独身であるチョンさんは慶北浦項(ポハン)出身だ。星州郡庁へ発令が出された後、一人でワンルーム部屋に住んでいた。

  同僚職員は「会社(情報通信関連中小企業)を通っていたが、一歩遅れて公務員になったチョンさんはいつも意欲的に働いていた。業務が一気に押し寄せる中でも、最善を尽くして働いているうちに無理をしたようだ」と残念に思った。警察は28日、正確な死因を追及するために剖検を行うことにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事