「韓銀の経済指標展望、最も不正確」…国会で叱責

「韓銀の経済指標展望、最も不正確」…国会で叱責

2014年10月08日09時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国銀行が、今年の経済成長率の展望値を再び引き下げる。李柱烈(イ・ジュヨル)韓国銀行総裁は7日、「(今年の)経済成長率は、私どもが見ていた3.8%に至らないのではないかと思う」として「3%台中盤になるのではないかと思う」と述べた。国会企画財政委員会の国政監査で、セヌリ党・金光琳(キム・グァンリム)議員と李漢久(イ・ハング)議員の質問に答えた中でのことだ。韓銀は今年7月、国内総生産(GDP)基準で今年の経済成長率を4.0%から3.8%に下方修正した。15日に金融通貨委員会を開いて修正経済展望を出す予定だ。3カ月で数値に再び手入れすることになった。

  この日の国政監査では、いつもはずれる韓銀の経済展望が標的になった。李漢久議員は「韓銀の主な経済指標の展望値と実際値の誤差がほかの展望機関よりも大きい。最近、最も不正確に展望している機関に転落した」と指摘した。韓銀は昨年、民間消費増加率を2.8%と見ていた。実際の数値は1.9%で誤差が0.9ポイントに達した。企画財政部・韓国開発研究院(KDI)・韓国経済研究院・LG経済研究院・国会予算政策処など国内6つの展望機関の中で韓銀の誤差が最も大きかった。設備投資や物価、成長率予測も大きく差が出た。

  李総裁は基準金利の決定の方向性をめぐっては言葉を慎んだ。「ウォン-円(ウォンに対する円の価格)の下落は、鋭意注視している」としつつも「金利で為替レートに対応することは、本当に慎重でなければならない」と明らかにした。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事