東京五輪招致で贈賄疑惑…仏、JOCの竹田会長を捜査

東京五輪招致で贈賄疑惑…仏、JOCの竹田会長を捜査

2019年01月12日11時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が2020年東京オリンピック(五輪)招致のために関係者に賄賂を渡したという容疑でフランス司法当局の捜査を受けているとAFP通信が11日(現地時間)、報じた。

  報道によると、竹田会長は東京五輪招致のために開催地の選定投票前後に国際オリンピック委員会(IOC)関係者に280万シンガポールドル(約2億3000万円)相当の賄賂を提供した容疑がもたれている。

  フランス裁判所は先月、竹田会長の予審開始手続きに入ることを決めたという。フランス司法体系により、竹田会長は予審決定により「容疑者」に分類された。予審結果次第で、竹田会長が裁判を受けるかどうかの結論が出る。

  フランス当局はオリンピック都市誘致決定前後に、2度にわたり日本銀行から「東京2020オリンピック費用」名目の資金が、体育界関係者が運営する会社に送金されていることを確認し、2016年から捜査に着手した。

  日本は2013年にアルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれた第125次IOC総会で、スペイン(マドリード)とトルコ(イスタンブール)を破り2020年夏季五輪開催地に選出された。

  竹田会長は1972年ミュンヘン五輪と1976年モントリオール五輪に出場した元乗馬選手で、2001年JOC会長に就任し、2012年からはIOC委員も務めている。東京五輪招致過程では、関連組織の理事長として中心的な役割を果たしていた。

  フランス捜査当局は先月10日に竹田会長の事情聴取を行ったという。IOCは倫理委員会にこの事件を回付することにした。竹田会長は「贈賄にあたるような不正は行っていない」とし「疑念を払拭するために今後とも調査に協力する」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事