韓国の失業者数、アジア通貨危機以降最多…若者失業率は19年ぶり「最悪」

韓国の失業者数、アジア通貨危機以降最多…若者失業率は19年ぶり「最悪」

2018年09月12日10時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  8月の就業者数の増加幅がまた1万人に達せず、若者失業率は19年ぶりに同月最高となった。

  12日、統計庁が発表した8月の雇用動向によると、先月の就業者数は2690万7000人で、1年前より3000人増加にとどまった。

  これは世界金融危機の余波で2010年1月1万人が減少して以来、8年7カ月ぶりに最低値だ。

  就業者の増加幅は今年2月から7カ月連続で10万人を下回っている。特に、7月からは2カ月連続で1万人に達していない。

  失業者は113万3000人で1年前より13万4000人増えた。

  これは8月を基準としてアジア通貨危機直後である1999年136万4000人となって以来、最も高い水準だ。失業者数は今年1月から8カ月連続で100万人を上回っている。

  失業率は4.0%で1年前より0.4%ポイント上昇した。

  若年層(15~29歳)の失業率は10.0%で0.6%ポイント上昇した。これは99年8月10.7%となって以来同月を基準に最も高い。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事